物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

栃ト協/トラ日感謝デー、熱気球用意し盛り上げ 大雨災害の義援金募集

団体

2015/10/15 0:00

 【栃木】栃木県トラック協会(笠原秀人会長)は4日、トラックの日感謝デーイベントを道の駅うつのみや「ろまんちっく村」(宇都宮市)で開催し、5500人が来場した。例年同様、各支部の模擬店のほか、大型トラック2台を利用したステージショーを開催。今年は新たに熱気球を用意し、来場者は1人千円の格安料金で上空からの景色を楽しんだ。  開会式では、栃木運輸支局の古川一美支局長のあいさつに続き笠原会長が「毎年10月9日をトラックの日として、全国の運送事業者と各都道府県トラック協会で業界をアピールしている。栃木県でも感謝の気持ちからイベントを開催しており、今年で24回目となる。人手不足など苦境にあるトラック業界だが、関東・東北豪雨などに負けないライフラインとして頑張りたい」と述べた。  青年部会の巻島孝弘部会長の開会宣言で、イベントを開始。模擬店では、ラーメンやそば、鮎の塩焼きや会場でついた出来立ての餅、カレーライスなどの飲食物のほか、子供向けの菓子や玩具などを販売した。  更に、県警高速道路交通警察隊や自衛隊が協力し、パトカーや白バイ、装甲車両を会員事業所の大型トラックと共に展示。来場した子供たちが、目を輝かせて見入った。  ステージでは子供に人気のキャラクターショーのほか、県警音楽隊による吹奏楽演奏を披露。最後に、恒例となった果物と野菜を詰めた秋の味覚無料配布を実施した。今回は「台風18号等大雨災害義援金」として、詰め合わせを受け取った来場者に寄付を呼び掛け、8万7千円が集まった。(佐々木健) 【写真=新企画の熱気球が会場上空に舞う】





本紙ピックアップ

物効法・貨物事業法改正案/衆院通過、付帯決議17項目採択

 「2024年問題」に対応して荷主への規制や多重下請け構造の是正措置などを盛り込んだ物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案が11日の衆議院本会議で可決、成立し、参議院に送られた。10日の衆院国土交通委員会(長坂康…

国交省/型式指定不正防止、抜本解決へ検討会設置

 国土交通省は9日、近年の自動車の型式指定申請における不正事案を踏まえ、有識者による「自動車の型式指定に係る不正行為の防止に向けた検討会」(大聖泰弘座長、早稲田大学名誉教授)を立ち上げた。不正の未然防止と早期発見に向け、…

ライフサポートエガワ、西日本に初の拠点

 ライフサポート・エガワ(江川哲生社長、東京都足立区)は西日本エリアでの共同配送事業を強化する。15日、西日本で初の自社拠点となる福岡センター(福岡市東区)を稼働。大手コンビニエンスストアの物流センター向けの配送や在庫機…

ウェザーニューズ/異常気象時の交通影響予測、アプリでも配信

 ウェザーニューズ(WN)は4日、異常気象時の輸配送継続に向けた支援サービスを、「ウェザーニュースfor business」の「交通影響予測」として複数のプラットフォームで利用できる新サービスにリニューアルした、と発表し…

オススメ記事

物効法・貨物事業法改正案/衆院通過、付帯決議17項目採択

 「2024年問題」に対応して荷主への規制や多重下請け構造の是正措置などを盛り込んだ物流総合効率化法と貨物自動車運送事業法の改正案が11日の衆議院本会議で可決、成立し、参議院に送られた。10日の衆院国土交通委員会(長坂康…

国交省/型式指定不正防止、抜本解決へ検討会設置

 国土交通省は9日、近年の自動車の型式指定申請における不正事案を踏まえ、有識者による「自動車の型式指定に係る不正行為の防止に向けた検討会」(大聖泰弘座長、早稲田大学名誉教授)を立ち上げた。不正の未然防止と早期発見に向け、…

ライフサポートエガワ、西日本に初の拠点

 ライフサポート・エガワ(江川哲生社長、東京都足立区)は西日本エリアでの共同配送事業を強化する。15日、西日本で初の自社拠点となる福岡センター(福岡市東区)を稼働。大手コンビニエンスストアの物流センター向けの配送や在庫機…

ウェザーニューズ/異常気象時の交通影響予測、アプリでも配信

 ウェザーニューズ(WN)は4日、異常気象時の輸配送継続に向けた支援サービスを、「ウェザーニュースfor business」の「交通影響予測」として複数のプラットフォームで利用できる新サービスにリニューアルした、と発表し…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap