物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ETC2.0対応車載器  パナソニックが来月発売

産業

2015/10/12 0:00

 パナソニックは6日、ETC(自動料金収受システム)2.0に対応した商用車向け車載器「CY-ET5000GD」=写真=を11月から発売する、と発表した。  カーナビゲーションシステムを装着することが少ない運送事業者などでの使用を想定し、本体にGPS(全地球測位システム)機能を業界で初めて内蔵。カーナビと接続せずにETC2.0のサービスを利用できる。法人ユーザーを対象に販売する。  また、GPSの受信器とスピーカーを一体化したアンテナを新しく開発し、車載器本体と分離したことで、音声の聞き取りやすさを向上させた。  ETC2.0では、車載端末と道路施設に設置されたITSスポット(通信アンテナ)で双方向通信を行い、車両の走行経路情報を収集する一方、交通情報や事故多発エリアでの警告なども行える。このため、自家用車を始めとする個人ユーザー向けに販売される製品は、端末にGPS機能を持たず、カーナビと連動させるのが一般的だった。  国土交通省はETC2.0の走行経路情報を活用することにより、渋滞を避けて交通量の少ない区間を使った場合に料金を割り引くといった、新たな料金制度の導入を予定。加えて、ETC2.0搭載車限定で、首都高速道路を避けて首都圏中央連絡自動車道(圏央道)を利用した場合の料金割引、特殊車両の通行許可の簡素化など、物流を最適化するためのサービス提供も予定している。(高橋和平)





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap