物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

萬運輸、デザイン車運行 「運転者の子の絵」塗装

物流企業

2015/10/05 0:00

 【神奈川】萬運輸(東海林憲彦社長横浜市鶴見区)は10月から、ドライバーの子供が描いた絵を車体にプリントしたデザイントラックの運行を始めた。自分の子の絵を車体に描くことで、父親であるドライバーの安全意識を高めるとともに、トラック業界のイメージアップを図る。  小山営業所(栃木県小山市)の大型ウイング車1台にプリントを施した。同営業所所属の3年間無事故・無違反のドライバーの専属車で、新車への代替を機にドライバーの3人の子供が描いた絵をプリントした。  絵は、夏休みの思い出や父親の似顔絵、トラックの絵、運転マナー向上を呼び掛けるものなど様々だ。  同社グループの自動車整備会社が保有するオートボディープリンターを使って塗装。ラッピングよりも低コスト・短工期で塗装でき、何度も書き替えができるのが特徴だ。  「子供の書いた絵をプリントすれば、パパは危険な運転をしなくなる」との発想に基づき始めたもので、優良ドライバーには好きなデザインを車体に施せるようにする予定。安全意識向上とともに、トラック業界のイメージアップとトラックに対する親近感を高める狙いもある。  東海林社長は「家族の力を借りて、企業イメージ向上や地域貢献を実現したい。ドライバーにも『デザイントラックを運転する自分は、安全ドライバーである』というステータスを持ってもらえれば」と話している。(吉田英行) 【写真=安全意識を高めるとともに、トラック業界をイメージアップ】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap