物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

赤帽群馬、PET検査薬剤輸送 広域体制が確立

団体

2015/09/28 0:00

 群馬県赤帽軽自動車運送協同組合(赤間美代子理事長)は10月から、栃木県の医療機関向けに陽電子放射断層撮影(PET)検査で使う薬剤の輸送を開始する。上信越自動車道・藤岡インターチェンジ(IC)近くに放射性医薬品メーカーが進出したのを機に、7月から群馬、埼玉、長野、新潟各県向け配送をスタートさせており、栃木がエリアに加わることで広域配送体制が確立する。(小瀬川厚)  PET検査用薬剤に含まれる放射性同位元素「フッ素18」は、半減期が2時間と短く、製造後すぐにユーザーに届けなければならないといった時間的な制約があった。メーカーの日本メジフィジックス(竹内豊社長、東京都江東区)では、7月から北関東ラボ(群馬県藤岡市)でPET検査薬の生産・出荷を開始。既存拠点の東京、神奈川の両ラボと相互バックアップ体制を構築した。  こうした中、関越自動車道、北関東自動車道なども利用できるアクセスの良さを生かし、赤帽群馬では5県への広域配送体制の整備を進めていた。  9月半ば時点で、1日当たり25台ほどの赤帽車を運行しており、10月から栃木向けが加わることで更に多くの車両が従事する見通し。今後、医薬品輸送部門を強化していく。  赤間理事長は「製品の特殊性もあって運行ルートや納品時間も決められており、安全かつ迅速に運ばなければならない。PET輸送のスタートに合わせて、女性ドライバーを採用したが、更に増員を図っていきたい」と話している。 【写真=PET薬剤の輸送スタートに合わせて女性ドライバーを採用】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap