物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

酒田港、取扱量15年過去最高  花王の工場けん引

行政

2015/08/31 0:00

 山形県は24日、酒田港の国際定期コンテナ航路開設20周年記念式典を開き、船会社や港湾利用企業などに感謝状と記念品を贈呈した。  同港は1995年5月、釜山港への初の国際コンテナ航路が就航。2015年5月から、新たに中国と結ぶルートを確保した。現在は韓国航路4、中国と韓国を結ぶ航路2と、週6便化を実現し、順調に拡大している。   港湾施設の強化も堅実だ。2000年7月には国際ターミナルが完成し、10年8月に重点港湾に選定。13年、2基目のコンテナクレーンが供用を始め、14年に2台目のリーチスタッカーを導入した。15年度中には3台目も配備する計画。  14年のコンテナ取扱量は、1万3799TEU(20フィートコンテナ換算)と過去最高を達成。15年は花王の新工場の紙加工製品がけん引して、7月現在で既に1万1954TEUとなっており、記録更新が確実視されている。  こうした状況を踏まえ、吉村美栄子知事が「本県経済発展のためには、酒田港の振興が必要不可欠。今後も好循環を維持するため、関係機関との連携を強化していきたい」とあいさつ。東北地方整備局の津田修一副局長は「今後も様々な取り組みが行われ、港の利用がこれまで以上に活性化することを期待している」と述べた。  また、ポートセミナーも開催。高麗海運ジャパンの李尚禹社長が、同社の歴史と酒田港の関わりをテーマに講演した。パネルディスカッションでは、山形県地方港湾審議会の徳永幸之会長(宮城大学教授)がコーディネーターを務め、荷主企業を交えて新たなステージについて語り合った。(今松大) 【写真=「本県経済発展のためには、酒田港の振興が必要不可欠」と吉村知事】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap