物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

出版産業、託児施設を外部開放 安定的な運用めざす

物流企業

2015/06/22 0:00

 出版産業(渡邉留雄社長、埼玉県三芳町)は、事業所内託児施設「にこにこルーム」を外部にも開放する方針を固めた。17日には東ハト(小森和輝社長、東京都豊島区)、プラスロジスティクス(今泉三千夫社長、同)など近隣企業4社の役員、担当者らが見学会を兼ねた意見交換会に出席。受け入れ年齢や保育時間の拡大、供食体制といった条件面での意見を交わした。(小瀬川厚)  出版産業は2014年4月、本社営業所内での託児施設の開設に当たって、自治体が運営する保育所での勤務経験を持つ保育士3人を雇用。認可託児施設に準じた体制を整え、1〜5歳児の預かり保育を行い、就労を希望する子育て世代のニーズに応えながら、物流現場の人手不足解消に取り組んできた。  一方、開始から1年を経て、パート従業員の増える繁忙期に受け入れ児童も増加するなど、季節波動の大きさが課題として浮上。施設が最大15人程度まで対応できることから、安定した運営のためにも外部への開放が必要――との判断に至った。  4月時点の近隣自治体の待機児童数は、三芳町で22人、隣接する川越市74人、所沢市32人、ふじみ野市20人と多く、同社でも保育補助の人員を一人増やして体制を強化。渡邉一矢専務は「今後の労働力確保を考慮した場合、子育て世代の従業員のいる近隣企業にとっても、職場に近接した託児施設のメリットは大きい。興味を示してくれた企業と共にシナジー(相乗効果)を発揮していきたい」と出席者に理解を求めた。  渡邉社長は「地域への貢献を第一に託児施設の設置を決めたが、解決すべき課題も明らかになってきた。『近くにあって良かった』と思えるような保育施設を提供していきたい」と述べた。 【写真=近隣企業役員らが託児施設を見学】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap