物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

福岡ト協、眞鍋氏が会長昇格 センター取得基金5億円取り崩し

団体

2015/06/18 0:00

 【福岡】福岡県トラック協会(原重則会長)は8日に開いた総会で、「若年労働者の雇用確保に向けた労働環境の改善と整備」「改善基準告示の柔軟な運用の実現」などを掲げ、予算総額10億円余りの事業計画を報告した。(武原顕)  任期満了に伴う役員改選では、原重則会長(73、西日本急送)が退任し、眞鍋博俊副会長(64、博運社)が昇格。副会長には渡辺洋光(71、甘木合同運輸)、松本弥(68、平和運送)の両氏を選出し、増田康雄(65、増田運送)、三村彰一(64、筑豊通運)の両副会長、川崎和文専務(68)、柴尾美敏常務(66)を再任した。  2015年度は、適正運賃収受と燃料高騰対策の推進や、規制緩和の見直し、災害時の緊急救援物資輸送体制整備、交通事故・労働災害の防止、環境保全対策、高速道路通行料金の引き下げ――などを重点事業に盛り込む。  15年度内の完成を目指す「北九州緊急物資輸送センター」(北九州市小倉北区)の取得財源として、近代化基金から5億3700万円を取り崩す。 【写真=眞鍋新会長(右端)をはじめ新執行部があいさつ】





本紙ピックアップ

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

オススメ記事

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap