物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

滋ト協、高校生にキャリア教育 若年労働者確保で

団体

2015/06/08 0:00

 【滋賀】滋賀県トラック協会(田中亨会長)は5月28日、総会を開き、事業報告と決算を承認した。田中会長は「継続・刷新・結束そして前進をコンセプトに事業を展開してきた。2015年度は取り組みを更に深化させていく」と2年目への抱負を述べた。  三日月大造知事は「対話、協働、共感をモットーに県政を推進している。今後も夢と希望に満ちた『交通・物流県 滋賀』の構築に力を貸していただきたい」とするメッセージを寄せた。  14年度は委員会組織を改編、効率的でスピーディーな事業運営を推進した。交通安全対策や業界の社会的地位向上につながる活動に力点を置いた。  決算は、一般会計が収入1億2436万円、支出9424万円で、3012万円を繰り越した。交付金特別会計は2億6089万円で、交通安全対策5212万円、適正化事業4192万円、環境対策1969万円など。  田中氏は「15年度は事業の見える化を重点に、より具体的な目標を掲げて事業を進めるともに、県とのコラボレーションによる『滋賀にキラリ輝く七つ星事業』に力を入れる」と強調。  交通死亡事故ゼロに向けた安全対策や各種キャンペーンに加え、深刻化する人手不足に対処するため、初めて高校生を対象にした物流キャリア教育を行う。主に工業科や商業科を持つ地元の実業高校とタイアップすることで、若年労働者確保と業界イメージ向上を図る。  予算は一般会計1億2333万円、交付金特別会計2億2688万円。(小菓史和) 【写真=県とのコラボによる「滋賀にキラリ輝く七つ星事業」に力を入れる】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap