物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

岡田商運、神奈川・九州へ進出 広範囲に荷物取り込み

物流企業

2015/05/28 0:00

 【岡山】岡田商運(岡田好美社長、岡山市北区)は、各地に営業所を設置し、拡大戦略を推し進める。4月16日に本社社屋と倉庫を竣工したのに続き、2016年9月をメドに2期工事に着手し、倉庫を増設。また、16年3月に九州、17年には神奈川県、静岡県への進出を計画しており、広範囲に荷物を取り込んでいく。(江藤和博)  6270平方メートルの敷地に新社屋(2階建て)と倉庫(平屋建て、429平方メートル)を整備した。2期工事では、4千平方メートルの敷地に延べ床面積3千平方メートルの倉庫を増設する。  新社屋、倉庫とも屋上には太陽光発電パネルを敷設して地球環境に配慮するとともに、テレビ会議システムを導入して業務面でも一層の効率化を図っている。岡山市南区にあった旧本社は賃貸物件のため引き払った。  同社は2000年に岡田商事の物流部門を分離して設立。07年の埼玉営業所(埼玉県久喜市)を皮切りに、12年には勝央営業所(岡山県勝央町)、一宮営業所(愛知県一宮市)を相次いで設置。4月には京都営業所(京都八幡市)を開設した。今後は九州のほか、神奈川県など東日本に向けて拠点を展開していく。  岡田社長は「人手不足が深刻化しており、今後は岡山県だけでは業績の伸びが期待できない。当社は遺体以外はどんな荷物でも扱う方針で、進出先で新規開拓していきたい」と話している。  また、営業所を設置している地域の観光資源をデザインした自社トラックを積極的に増やしており、今後も進出先の観光振興に協力していく方針だ。  15年9月期の売上高は20億円(14年9月期は18億7千万円)が目標。将来は50億円を目指している。 【写真=4月に完成した新社屋と倉庫には太陽光パネルを設置】





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap