物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

茨城高速安協、友部SAで交安キャンペ ペチュニア鉢植え人気

団体

2015/05/25 0:00

 【茨城】茨城県高速道路交通安全協議会(小林幹愛会長)は9日、常磐自動車道下り・友部サービスエリア(SA)で春の交通安全キャンペーンを実施し、多くの来場者らに安全運転を呼び掛けた。11日からスタートする春の全国交通安全運動に先駆けて周知することで、交通事故防止の意識高揚を図った。  県警高速道路交通警察隊の黒沢和幸隊長のあいさつに続き、小林会長は「今年は統一地方選の関係で、例年より1カ月遅れでの開催となった。陽気が良いので、居眠り運転にも注意しなければならない。重大事故となりやすい高速道路上では、特に安全意識の徹底が欠かせない」と呼び掛けた。  キャンペーンには県警音楽隊も参加。オープニングではカラーガード隊と共ににミニコンサートを行い、多くの来場者が足を止めていた。また、観光協会からはミス水戸に当たる「水戸の梅大使」も駆け付け、会場は華やいだ雰囲気となった。  来場者らに交通安全グッズとペチュニア500鉢を配布して、事故防止を呼び掛けた。「安全運転が根付くように」との願いを込めた鉢植えは来場者に人気で、開始後わずか10分足らずで無くなった。(谷本博) 【写真=来場者に鉢植えを配る「水戸の梅大使」】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap