物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

静ト協東部支部、首相宛て署名 拉致被害のサンライン社長長男救出へ

団体

2015/04/30 0:00

 北朝鮮に拉致された疑いのある、サンライン(御殿場市)の橘哲夫社長の長男、邦彦さん(当時19)を救出するため、静岡県トラック協会の東部支部(伊藤栄章支部長)が首相宛ての署名を集めた。  1月から2月末までに5296人が賛同。4月20日、橘氏に署名を手渡し、26日には拉致被害者の家族会、救う会、拉致議連、知事の会などが日比谷公会堂(東京都千代田区)で開いた国民大集会に届けられた。  邦彦さんは、12人の認定拉致被害者に次いで疑いの高い、70人ほどの「拉致濃厚」の一人。静岡県内では12人が挙がっており、2014年7月に北朝鮮が「安否再調査を行う」と発表した際には、解決への期待が広がっていた。  しかし、1年近く経過した現在でも進展が無いことから、拉致濃厚の家族で構成する救う会では、少なくとも国から拉致の「認定」を受けるべく行動を起こしていくという。  20日、橘氏は「長年、家族の中だけで息子の無事を祈ってきたが、この状況が全国に伝わるようトラ協の支部が働き掛けてくれたことに感謝している。拉致被害は、個人で踏み込んだ調査ができず、政府でなければ対応できない。一刻も早く息子が帰ってくるよう、国への働き掛けを強めたい」と決意を語った。  伊藤支部長も「我々の仲間の中に拉致被害者がいることは驚きだった。このような時こそ、支部として団結を見せる時。目指すところは被害者全員の帰還なので、支部としても問題解決を支援するため、これからも要望を続けたい」と話した。(梅本誠治) 【写真=伊藤支部長(右)から署名を受け取るサンラインの橘社長(20日)】





本紙ピックアップ

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

オススメ記事

国交省/車輪脱落防止、大型車ナット緊急点検

 国土交通省は9月30日、大型自動車メーカー4社と連携し、大型トラック・バスのユーザーを対象としたタイヤ脱着時のホイール・ナットの保守管理に関する緊急点検を10月1日から実施する、と発表した。車齢4年以上の大型車約38万…

軽トラック事故増/国交省、関係団体に注意喚起要請

 国土交通省は、軽貨物自動車(軽トラック)による事故の増加が顕著なことを受け、関係団体に対し近く、軽貨物運送事業者への注意喚起を促すよう要請する方針だ。9月30日に開催した事業用自動車に係る総合的安全対策検討会(野尻俊明…

日立物流がオランダ国際フォワーダーの全株取得

 日立物流は9月29日、オランダに本社を構える国際フォワーディング会社の全株式を12月中旬をメドに取得する、と発表した。これにより注力分野であるメディカル事業を拡充するとともに、4月にスタートさせた中期経営計画の重点施策…

ふそう、EVトラ用充電器設置サービス展開

 三菱ふそうトラック・バス(カール・デッペン社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市中原区)は9月28日、EV(電気自動車)トラック向けの充電器設置サービスを9月から開始した、と発表した。同社の現行の電気小型トラック「eキャ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap