物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ティアンドティ、水陸両用バスが好調 観光振興に一役

物流企業

2015/04/27 0:00

 【滋賀】貨物運送事業者のティアンドティ・コーポレーション(川崎隆弘社長、滋賀県長浜市)では、観光バス事業部の手掛ける水陸両用バス運行事業が好調だ。豪快に水しぶきを上げて進水する様子や、普段なかなか目にすることの無い琵琶湖上からの眺めが観光客の人気を集めている。(小菓史和)  2014年から地元の観光振興の一環として、大阪の旅行会社とタイアップし水陸両用バスを使った「びわ湖ダックツアー」をスタート。3~11月までの予定で、45分のコースを毎日7回運行しており、湖上から長浜城、伊吹山、竹生島などの景色を楽しめるのが特長。  長浜市内には名所・旧跡や古い町並みが多く、毎年200万人以上の観光客が訪れているものの、琵琶湖を活用した観光コースは少なかった。長浜港に船舶搬出入用のスロープがあり、大阪などで運行されている水陸両用バスの航行が可能なことから、事業化に踏み切った。  昨年は延べ2万5千人が利用。県外からの観光客が7割を占めており、観光振興にも一役買えることから引き続きPRに努め、今年は2万8千人の利用を見込んでいる。  ティアンドティ・コーポレーションは1996年の設立で、金属加工会社の輸送業務を軸に業容を拡大。環境関連事業なども手掛ける。一方、高齢化社会の進展やバス路線の整理・縮小の影響で、各種施設への送迎バス運行のニーズが高まったことから、2001年には観光バス事業にも進出し、現在8台を保有する。  川崎社長(58)は「トラック輸送の更なる品質向上に努めるとともに、地域密着の周辺事業を積極的に拡大していく。5年後には全国各地で水陸両用バスを運行したい」と話している。 【写真=3~11月までの予定で45分のコースを毎日7回運行】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap