物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

サンワNETS/45周年式典、五輪後は厳しい時代 今後5年、準備期間に

物流企業

2015/04/27 0:00

 【静岡】サンワNETS(水谷欣志社長、静岡県袋井市)は18日、創立45周年記念式典を開いた。水谷社長は、50周年までの5年間を「東京オリンピック後に来る厳しさへの準備期間」と位置付けた。(奥出和彦)  1970年の創立からの歩みをモニターで紹介後、山崎久隆会長が「多くの人達に集まってもらったのを目の当りにして、大きな所帯になった――と胸がいっぱいだ」とあいさつ。  続けて「中古トラック10台からの開始だったが、古(こ)のトラックばかりだった。紆余曲折(うよきょくせつ)があり、ここまで来た。この間に、弊社との関わりの中で、亡くなったり、体が不自由になった方が十数人いる。そうした犠牲の基に我々があることを心に強く抱き、一生懸命に頑張らなければならない」と決意を新たにした。  水谷氏は「45周年を迎え、45期(2015年3月期)の目標も達成してもらったことに、重ねて感謝したい」とねぎらった。また、40周年からの5年間を「東日本大震災の発生や、企業の海外移転が進んだ超円高と、その後の原油価格の高騰という苦しみがあった」と述懐。  その上で「我々が50周年を迎える20年4月は、相当厳しい時代になる。それまでに景気は良くなるだろうが、オリンピック開催後は、少子高齢化がますます進む。今後5年間は、その状況への準備期間にしたい」と表明。  具体的な課題と取り組みとして、①人材確保と育成②品質の向上を目指した上での更なる顧客の拡大③新しいノウハウの取得――を掲げた。  更に、25 年以上の永年勤続者10人と功労者2人を、司会者が一人ずつ紹介しながら表彰。山崎氏と信子夫人には、社員と親族から、45年にわたる事業継続への感謝の意を込めて、花束が贈呈された。  記念講演会では、元代議士でタレントの杉村太蔵氏が「政界と芸能界から見た日本」と題して講演した。 【写真=社員と親族が山崎会長夫妻に花束を贈呈】





本紙ピックアップ

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

オススメ記事

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap