物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

滋ト協、七つ星事業で知事に提案書 情報発信キーワード

団体

2015/04/16 0:00

 【滋賀】滋賀県トラック協会の田中亨会長らは9日、滋賀県バス協会の中村隆司会長と共に、三日月大造知事を訪ね、県と協働で取り組む「滋賀にキラリ輝く七つ星事業」の提案書を手渡した。交通事故防止や環境対策、人材確保、観光や物産のPRといった取り組みを官民一体で進める新たな試みで、トラックとバスのドライバー代表による安全運転宣言も行われた。  新しい公共の取り組みとして、交通や物流の要衝である滋賀県からの情報発信の在り方について、「いきる、うごく、はたらく、つくる、まもる、そなえる、ひろげる」をキーワードに、様々な取り組みを提案。  滋ト協が最重点課題として進める交通事故防止対策では、春の全国交通安全運動の初日となる5月11日に合わせ、県や県交通対策協議会(三日月会長)と一緒に、「交通安全びわ湖キャラバン隊」を組織。リレー方式で琵琶湖一周パレードを行い、5カ所の中継ポイントで次々とバトンリレーしながら、ゴールの滋賀県トラック総合会館(守山市)を目指す。  提案書の進呈に続き、両協会のドライバー代表が交通安全宣言。美濃部児乃美(カロカ急配)、平山寿文(江若交通)の両氏が知事の前で、「ドライバーの模範として交通ルール厳守とマナー向上に努め、高齢者と子供を交通事故から守り、環境に配慮した運転を実践します」と誓った。  三日月氏は「多くのドライバーが今もハンドルを握り、安全運転に努めている。事故防止をはじめとする多くの分野で連携していきたい。トラック協会やバス協会による、このような積極的な提案は全国でも初めてと聞いている。実のあるものとなるよう協力していく」と述べた。  終了後、田中氏は「県との連携を深めるだけではなく、運送事業者の社会的認知度や地位の向上に力を注ぎたい。会員と協力し、七つ星事業が成功するよう頑張りたい」と述べた。(小菓史和) 【写真=ドライバー代表が三日月知事の前で交通安全宣言】





オススメ記事

トラック補助事業、全国の自治体に拡大

 地方創生臨時交付金などに基づく、トラック運送事業者を対象とした補助事業創設の動きが全国に拡大している。都道府県では過半数の26都道府県が交付を実施または決定。青森県なども9月議会(定例会)での議案提出を目指している。政…

厚労省報告/改善基準見直し、荷主・関係者に周知へ

 厚生労働省は9月27日、自動車運転者の改善基準告示の見直しの在り方を取りまとめた。トラック、バス、タクシーのドライバーの拘束時間、休息期間、運転時間の基準の在り方に加え、荷主、利用運送事業者といった関係者への周知や、労…

交通安全ISO発行10年、トラック114社取得

 道路交通安全マネジメントシステムの国際規格ISO39001が発行から10年を迎えた。道路交通に関わる全ての組織が対象の規格として、これまでに国内では171社が取得、うちトラック運送事業者が114社(9月20日時点)と全…

東京ユニオン物流、共配網を再構築

 東京システム運輸ホールディングス(細川武紀社長、東京都東大和市)グループの輸送部門を受け持つ東京ユニオン物流(川﨑和夫社長、武蔵村山市)は、「2024年問題」に対応した共同配送網の再構築に着手している。(佐々木健) F…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap