物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日通中国現法、中国・上海に新倉庫

プレスリリース

2021/12/03 15:06

上海通運、洋山地区で輸出用新倉庫の稼働開始

2021年12月 1日

 当社の現地法人、上海通運国際物流有限公司(董事総経理:直野徹 以下、上海通運)は、中国の洋山地区で輸出用新倉庫の稼働を開始しました。

20211201-1-1.jpg

(倉庫外観)

20211201-1-2.jpg

(倉庫内部)

 上海港における2020年のコンテナ取り扱い量は、前年比0.5%増の約4,350万TEUとなり11年連続でコンテナ取り扱い本数世界一となっています。また洋山ターミナルでは初めて2,000万TEUを突破し、コロナ禍においても過去最高を更新しています。

 上海通運は、外高橋エリアに加えてこの洋山エリアも上海における重要な輸出拠点として位置づけ、東海大橋まで20km,洋山ターミナルまで50kmの好立地に新たに倉庫を開設し、10月11日(月)に開所式を行いました。

 今般開設した新倉庫では主に自動車部品を取り扱い、クロスドック輸出業務に適した低床式・両端開口の構造で、通い容器の管理業務や荷姿変換業務も対応します。

 今後は欧米発着の輸出入倉庫拠点として基盤を強化していくとともに、倉庫事務のデジタル化や、先端技術を活用した省人化を図ってまいります。

【施設概要】

名称/所在地上海中外運海港国際物流有限公司/上海市奉賢区新楊公路778号
倉庫面積庫内面積6,500㎡、敷地内屋外用地:4,500㎡
(敷地内倉庫総面積:44,000㎡、敷地内デポ総面積60,000㎡)

 ■日本通運グループは、2022年1月4日からNXグループとなり、新たなグループブランドシンボルを導入いたします。

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap