物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

「これから」、日立物流の倉庫利用しEC支援

プレスリリース

2021/12/02 14:00

自社ECサイト支援会社「これから」が、12月1日に 日立物流の倉庫を利用して新サービス「これロジ」を開始

株式会社これから(本社:東京都新宿区、代表取締役:今泉 雄介、以下「これから」)が提供する、自社ECコンサルティングサービス「ALL IN ONE CONSULTING(以下、オールインワンコンサルティング)」にこの度株式会社日立物流(本社:東京都中央区、代表執行役社長:中谷 康夫、以下「日立物流」)の「EC物流向けシェアリング自動倉庫(以下、EC物流向け倉庫)」を規模によらず利用できる新しいオプション「これロジ」がリリースされました。

トップ

■これロジオプションリリースの背景

国内EC市場は拡大を続けており、新しくEC事業を始める企業は年々増えています。そして、EC事業を始める時、また事業を続けていく上で必要となってくる「発送作業」にボトルネックを感じている企業は多くあり、自社の事務所内で自分たちでピッキングや梱包をしている場合もあります。そのようなやり方では、発送作業にリソースを使わざるを得なくなり、新たな売上施策を行う余裕がありません。

■これロジについて

オールインワンコンサルティング導入の企業様向けに、日立物流のEC物流倉庫を特別価格で利用できるオプションサービス(これロジ)をご用意しました。日立物流のEC物流倉庫では、通常では月間数千トランザクションの商流がないと利用できないような物流機能を規模によらず利用することが可能です。ただ発送するだけでなく、付加価値として外装箱印字やチラシを同梱することが可能なためリピーター施策やCRM対策にも有効です。

倉庫外観

■メリットと活用例

・月に数千トランザクションの商流がないと利用できない大規模倉庫をブランド立ち上げ時や商流規模によらず利用することが可能

・初期費用・固定費なし

・従量課金、配送料を特別価格でご案内

・高効率・高品質な発送作業を実現

・出荷箱にはお客様のご要望に応じ、ロゴなどの印字が可能。また、QRコードを印字することで、セールページへの遷移や自社のSNSアカウントへの流入を促すことが可能

外装箱印字

■オールインワンコンサルティングについて

オールインワンコンサルティングは、8000社以上のサポート実績のあるこれからの知見とAIの分析を基に、お客様のサイトひとつひとつに合わせ、サポート内容が変わる完全オーダーメイドのECコンサルティングサービスです。テーマに沿ったお客様のサイトの課題解決をしていきます。

【CVR】購入率の改善に向けサイトの改修や特集ページの制作を実施

【CRM】メールマガジン、公式LINEアカウントを使用した施策の実施

【SEO】記事のライティングやSEOを目的としたサイト改修を実施

【SNS】#タグSEO、インフルエンサーなどを使用した施策の実施

オールインワンコンサルティングサービスサイト: https://corekara.co.jp/lp/corelogi2/

■これロジオプションリリース記念!シェアリング倉庫に行ける見学会を開催

12月14日 10時~11時半

  15日 10時~11時半 13時半~15時

  16日 10時~11時半 13時半~15時

  各会10名程度

お申し込み(詳細): https://corekara.co.jp/blog/corelogi/#title_6

場所      : 〒344-0057 埼玉県春日部市南栄町3

参加費     : 無料

対象      : EC事業者様 同業者他社様のご参加はお断りする場合がございます

※コロナ感染防止のため、入場時の検温・アルコール消毒、少人数での開催等、十分な感染対策を行った上で開催いたします。

■日立物流 ECプラットフォームセンターについて

日立物流は、EC物流に特化した物流センターを埼玉県春日部市で運営しています。EC事業の物流業務に必要な「アセット(自動化・省人化設備)」「システム(情報システム)」「スペース(保管・作業スペース)」「マンパワー(管理者・作業者)」という4つの機能を、複数のEC事業者様でシェアリングいただく物流センターです。

ピッキングから検品、梱包、出荷までの物流オペレーションの70%以上を自動化し、繁閑の激しいEC出荷に対応しています。また、これらのサービスを従量課金型のシンプルな料金体系でご提供することで個別投資や固定費を抑え、EC事業者様の事業スタートや拠点の拡大に貢献します。

■これから会社概要

会社名  : 株式会社これから

本社所在地: 東京都新宿区四谷3丁目5番地 文化エステート四谷ビル6F

代表者  : 代表取締役 今泉 雄介

資本金  : 1億1950万円 ※資本準備金含む

会社設立日: 2012年1月

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap