物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

フラクタ&オープンロジ、物流むけブランディング支援

プレスリリース

2021/11/24 16:30

FRACTA、オープンロジとShopify Plus利用者向けにブランディングから物流をつなげてブランド設計を支援する新サービスの提供を開始

トータルブランディングパートナーの株式会社フラクタ(東京都渋谷区、代表取締役社長:河野貴伸、以下FRACTA)は、株式会社オープンロジ(本社:東京都豊島区、代表取締役社長 CEO:伊藤秀嗣、以下オープンロジ)と、Shopify PlusでのEC運営を検討するブランドや現在利用しているブランド向けに、ブランディングから物流をつなげてブランド設計を支援する新プランの提供を2021年11月19日(金)より開始いたします。

プラン開発の背景

現在多くのブランドがオンラインコミュニケーションの場として、プラットフォームを活用してECサイトを立ち上げています。最近ではカスタマイズのしやすさや自社でもナレッジを貯めて運用しやすいShopifyを活用するブランドも多く、なかでもShopifyの上位プランであるShopify Plusでの立ち上げやプラン変更を検討するブランドも増えてきました。Shopify Plusは、通常プランの機能に加えてPlus専用アプリの利用や業務フローの自動化、チェックアウトページのカスタマイズ、追加料金なしでの複数ストアの立ち上げなどが可能になります。そのため、大規模開発を避けて充実した購入体験を提供する場としてECを設計・構築したい、複雑な業務フローを効率化して購入からお届けまでの体験をアップデートさせたい、といったニーズに応えることができます。

 この度の提携で、ブランドビジネスの全体設計から物流設計までを2社でサポートし、成長するブランドフェーズに合わせた全体設計を支援します。
 

サービス概要

FRACTAがもっているECサイトの知見やクリエイティブディレクション・パッケージデザインと、オープンロジのもつ物流ソリューションをかけあわせ、ブランドの成長に合わせたブランドビジネス設計を支援します。

 FRACTAが提供すること
・ブランド戦略設計
・ブランド戦略に沿ったEC構築支援/クリエイティブ制作
・自走を見据えた運用設計

オープンロジが提供すること
・日々の物流業務の自動化
・専任チームによる物流サポート
・最適な物流コスト調整
・国内/海外配送にもワンストップ対応
・倉庫ネットワークにより以下を実現
 多彩な顧客ニーズに合わせた柔軟なサービス
 成長に応じた拡張性

▼サービスに関するお問い合わせ
https://lp.openlogi.com/fracta_inquiry-1


 
【株式会社オープンロジについて】
株式会社オープンロジは「テクノロジーを使い、サイロ化された物流をネットワーク化し、データを起点にモノの流れを革新する」をビジョンに掲げ、物流フルフィルメントプラットフォーム「オープンロジ」を提供しています。独自の倉庫管理システムを通じて提携倉庫をネットワーク化し、標準化した仕様とオペレーションにより物流業務の効率化と一元化を実現し、固定費ゼロ・従量課金で利用可能な物流フルフィルメントサービスを提供しており、導入事業者は約9,500社(2021年8月末時点)となっています。
「OPENLOGIプラットフォームコネクト」は、荷主企業と倉庫事業者の間の面倒な業務のやりとりをWEBアプリケーション上で、効率化・一元化、自動化する機能を備え、主に倉庫事業者向けに提供をしています。テクノロジーによって、倉庫や配送をネットワーク化し、データとアルゴリズムによってモノの動きを最適化する、「フィジカルインターネット」の実現に向け、更なる事業拡大を進めていきます。

 【株式会社フラクタについて】
ブランドの自走を支援するトータルブランディングパートナーです。「ブランドを、未来の文化へ。」をビジョンに掲げ、ブランドの挑戦をテクノロジーとデザインの力で支えていきます。2019年10月にShopify Plus Partnerの認定を受けており、Shopifyにおけるブランディングや構築コンサルティングの実績も豊富です。お客様へダイレクトに届けたいみなさんの想いを、共にかたちにします。

 

 

【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
株式会社フラクタ 広報担当
Tel:03-4530-3788
Mail:pr_staff@fracta.co.jp

プレスリリースへのお問い合わせは発表元に直接お願いいたします。





本紙ピックアップ

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

オススメ記事

持続可能な物流実現、負荷軽減へ判断基準制定

 政府は物流改善に向け、発着荷主と元請運送事業者の経営者層の意識改革や、待機・荷役時間の縮減、納品回数の削減、リードタイムの延長といった物流負荷軽減の取り組みを義務付けるための「判断基準」を経済産業相、農林水産相、国土交…

ゼンリン・秩父市など/秩父・中津川地区土砂崩落で孤立、ドローンで定期配送

 ゼンリンとKDDI、埼玉県秩父市など8者は1月26日、土砂崩落の影響で孤立している秩父市の中津川地区で、米スペースXの衛星通信サービス「スターリンク」を活用したドローン(小型無人機)の定期配送プロジェクト「&プロジェク…

全段連、持続可能な物流めざす

 全国段ボール工業組合連合会(大坪清理事長)は、会員企業の物流改善を支援する取り組みを推し進めている。長時間労働の是正や付帯作業の解消など、全要素生産性の向上による働き方改革を加速させることで、持続可能な物流の実現を目指…

トラック航送12月、22カ月連続プラス

 日本長距離フェリー協会(尾本直俊会長)がまとめた2022年12月のトラック航送実績は、前年同月比3%増の11万1543台だった。22カ月連続で前年を上回った。4~12月は前年同期比3%増だった。新型コロナウイルス禍前の…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap