物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

福島日野自動車、郡山支店を移転

プレスリリース

2021/11/09 10:00

2021年11月5日
No.21-032

 日野自動車株式会社(本社:東京都日野市、社長:小木曽聡、以下 日野)の販売会社である福島日野自動車株式会社(本社:福島県郡山市、社長:五月女久男、以下 福島日野)は、郡山支店を移転し、2021年11月12日より営業を開始いたします。

 郡山支店は、東北自動車道 須賀川インターチェンジや国道4号線からアクセスの良い、お客様にとってより利便性の高いロケーションに移転します。このたびの移転に伴い建物を新築し、作業の効率化によりトータルサポート体制を強化します。

 工場内には、フロアリフトや2柱リフトのほか、連節バスやトレーラーを連結した状態でのリフトアップに加え、小型トラック2台を同時に整備できるタンデムリフトとしても使用可能な4柱リフトを導入し、小型トラックへの対応も強化しています。また、検査レーンでは、複数レーンで広いスペースを確保し、エーミング作業を安全に確実に行なうなど、高効率なサービスを実現します。
 安全対策としては、検査レーンやフロアリフトレーンに転落防止カバーを設置するほか、大型車の上部整備向けに高所作業アクセスリフト(ゴンドラ)なども設置しています。また、全ての照明にLEDを採用するとともに、バイオ式工場排水処理装置を導入するなど環境へも配慮しています。

※先進安全装置などの電子制御装置が正しく作動するための校正・調整作業

 日野は、「Challenge2025」(2018年10月公表)で掲げている「最高にカスタマイズされたトータルサポート」の実現に向け、新車販売に加えて、車両の点検・修理、部品供給などを通じ、お客様の車両一台一台を最適な状態に保つための活動に注力しています。販売会社の拠点においては、リニューアルやリロケーションなどを通じて、お客様の利便性向上に努めており、今回の郡山支店の移転もその一環です。
 今後も、よりスピーディーで質の高いサービスの提供を通じて、お客様のビジネスに貢献してまいります。

 

■外観

郡山支店外観002_8106 - コピー.jpg

                                    

■福島日野郡山支店の概要

会社名・拠点名福島日野自動車株式会社 郡山支店
所在地福島県須賀川市茶畑町25番3
代表者代表取締役社長 五月女 久男(サオトメ ヒサオ)
営業時間9:00~17:30 (定休日)日曜・祝祭日・月1回土曜日・他
総レーン数20(車検:4、定期点検:2、一般:6、マルチスルー:4、洗車:2、検査:2)
営業開始2021年11月12日


関連リンク)トータルサポート

以上


【SDGs(持続可能な開発目標)達成への貢献】
日野では、自由に安全に効率的に、人と物が移動する「豊かで住みよい持続可能な社会」の実現を目指し、お客様・社会への価値提供として①日野車による「交通死亡事故ゼロ」、②「CO₂排出量の大幅削減」、③「お客様ビジネスの発展支援」、④「人流・物流の更なる効率化」の4つに取り組んでいます。

本件は、③「お客様ビジネスの発展支援」を通じて、SDGsの以下の目標達成に貢献します。

【1】安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現
交通死亡事故ゼロ、CO₂排出量の大幅削減、人流物流のさらなる効率化によって、「豊かで住みよい持続可能な社会」実現を目指します。

(参考)
SDGsと日野の戦略・取組み(PDF)
安心・安全で、環境にやさしく、人と物が、自由に最適に移動できる社会の実現(PDF)





本紙ピックアップ

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

オススメ記事

氷河期世代支援、短期資格コース終了

 政府は、就職氷河期世代への支援について、2023年度以降も引き続き推進するものの、業界団体などと連携し、資格取得から職場体験まで正社員就職を一貫して支援する厚生労働省の「短期資格等習得コース事業」は22年度いっぱいで終…

国交省/自動運転車両、来年度「実装元年」に

 国土交通省は、2023年度を「電動化・自動運転実装元年」に位置付け、自動運転車両の開発・実用化や、道路インフラ側での支援について自動車、道路の両局が一層連携を深めるとともに、他の交通モードなど全省一丸で取り組みを推進し…

神戸市/海コントレーラ「迂回」要請、事業者と対立深まる

 神戸市兵庫区で2022年6月に発生した海上コンテナトレーラの横転事故を発端に、神戸市建設局が事故現場の道路を海コントレーラだけ迂回するよう要請したことで、海コン事業者との対立が深まっている。5日には、市が対象区間での海…

横浜低温、3市町村・医師会と協定

 横浜低温流通(伊澤進社長、神奈川県厚木市)は19日、厚木市、愛川町、清川村、厚木医師会(三宅正敬会長)と災害時に病院へ非常食を供給する5者協定を締結した。これまで横浜低温と厚木市の3病院が協定を結んでいるが、対象を拡大…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap