物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

三和物流サービス、アプリで事務作業効率化 内勤社員 空き時間に配送 紙消費量を削減

働き方改革

物流企業

2022/06/17 0:40

 【北海道】三和物流サービス(金子忠史社長、札幌市清田区)はSDGs(持続可能な開発目標)宣言を策定し、事業の中で取り組みを進めている。紙で行っていた事務処理などをアプリに切り替えることで資源の無駄遣いを減らすほか、大幅な作業効率化に成功。内勤の社員の1人が、空いた時間で配送を手伝えるようになった。社員の健康にも配慮し、栄養バランスの良い総菜をいつでも食べられるサービスを導入している。(朽木崇洋)

栄養バランスの良い総菜をいつでも食べられるサービスを導入




本紙ピックアップ

国交省/「乗務前」自動点呼実現へ、ヒヤリ・ハット回数調査

 国土交通省は5月から、乗務前の自動点呼の実現に向けた実証実験を始め、運転中のヒヤリ・ハットの回数を調べて対面点呼時との差異について検証する。その上で、自動点呼機器の性能要件や評価方法を固める方針。実証実験には、トラック…

働きやすい職場認証、三つ星9月から受け付け

 国土交通省と日本海事協会(坂下広朗会長)は22日、働きやすい職場認証(運転者職場環境良好度認証)制度の「三つ星」を2023年度から新たに導入し、9月から申請を受け付ける、と発表した。「一つ星」「二つ星」よりも認証項目を…

横田運送/大雪立ち往生後に死亡事故、運送依頼元から高額請求

 横田運送(横田耕太郎社長、岡山県総社市)のドライバーが1月25日、滋賀県甲賀市の新名神高速道路で玉突き衝突事故を発生させた際(本人は死亡)、輸送中の貨物を荷主に要求通りに返送できなかったため、依頼元の利用運送事業者が同…

フードレック、「24年問題」多角的に対応

 冷凍食品大手テーブルマーク(吉岡清史社長、東京都中央区)の物流子会社フードレック(吉村行雄社長、香川県観音寺市)は、製・配・販一体でホワイト物流を推進し、モーダルシフトなど多角的な改善策で「2024年問題」の解決に取り…

オススメ記事

国交省/「乗務前」自動点呼実現へ、ヒヤリ・ハット回数調査

 国土交通省は5月から、乗務前の自動点呼の実現に向けた実証実験を始め、運転中のヒヤリ・ハットの回数を調べて対面点呼時との差異について検証する。その上で、自動点呼機器の性能要件や評価方法を固める方針。実証実験には、トラック…

働きやすい職場認証、三つ星9月から受け付け

 国土交通省と日本海事協会(坂下広朗会長)は22日、働きやすい職場認証(運転者職場環境良好度認証)制度の「三つ星」を2023年度から新たに導入し、9月から申請を受け付ける、と発表した。「一つ星」「二つ星」よりも認証項目を…

横田運送/大雪立ち往生後に死亡事故、運送依頼元から高額請求

 横田運送(横田耕太郎社長、岡山県総社市)のドライバーが1月25日、滋賀県甲賀市の新名神高速道路で玉突き衝突事故を発生させた際(本人は死亡)、輸送中の貨物を荷主に要求通りに返送できなかったため、依頼元の利用運送事業者が同…

フードレック、「24年問題」多角的に対応

 冷凍食品大手テーブルマーク(吉岡清史社長、東京都中央区)の物流子会社フードレック(吉村行雄社長、香川県観音寺市)は、製・配・販一体でホワイト物流を推進し、モーダルシフトなど多角的な改善策で「2024年問題」の解決に取り…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap