物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

【ヒストリー】倉庫業の先駆者 渋沢栄一と物流

その他

2022/01/02 4:00

年末年始特別本紙ピックアップ

2021年12月28日付 終面

 多くの分野で先駆者として名を残す近代日本資本主義の父、渋沢栄一。物流についても進んだ考えを持ち、試行錯誤を重ねていた。「物資の輸送が産業発展を支える」「倉庫業は半ば公共的なもの」といった考えに基づき、追い求めた渋沢の物流構想は、今の物流事業にもつながっている。(辻本亮平)

理解されぬほどの先進性

 渋沢の物流人としての経歴は、1876年(明治9年)、36歳の時に始まる。深川(現在の東京都江東区)に構えた本邸で、米穀をメインに貸蔵を始めた。政府の頼みもあり、地租改正で混乱したコメの流通を適正化する役目だった。当時、渋沢は既に第一国立銀行(現みずほ銀行)を開業、抄紙会社(現王子製紙)を創立し、それぞれ軌道に載せていた。
 深川は大きな川が多く通っており、水運で色々な地域とつながることができた。深川の水利は後々、渋沢の物流構想の中で大きな意味を持つこととなる。
 77年(明治10年)、渋沢は大きな動きを見せる。銀行家が集まる「銀行同盟択善会」を創立。この中で、政府が全国に貸蔵を設置し、保管や売買をしながら「倉庫証券」を発行する近代倉庫制度の創設を大蔵省(現財務省)に求めた。「産業を盛り上げるには、物流の発展が必要」という考えがあった。
 しかし、この運動はとん挫する。渋沢史料館の桑原功一副館長は「当時の議事録を見ると、渋沢と大蔵官僚の話がかみ合っていない。渋沢の考えが進みすぎていて、あまり理解されなかったようだ」と補足する。
 この後、渋沢にとっても、独立した倉庫業の必要性は切迫していく。頭取を務める第一国立銀行は倉庫を持っておらず、取引先の倉庫に預けた物品が横流しされる憂き目に遭う。

明治16年(1883年)ごろの渋沢栄一(渋沢史料館提供)

 「もう自分でやってしまえ」と思ったのか、82年(明治15年)、渋沢は「倉庫会社」という名前の倉庫会社と、姉妹会社で金融業の「均融会社」を立ち上げる。共に本社を深川に、支店を横浜に置いた。
 他方で、同年には海運事業の「共同運輸」設立に力を尽くす。ライバルの岩崎弥太郎が設立した「郵便汽船三菱会社」による市場独占に対抗する目的があった。トップダウン方針の岩崎に対し、渋沢は共同運輸を、各地の商人の寄り合いの集合体によって運営した。
 両社は激烈な価格競争を繰り広げ、あわや共倒れという状況に陥る。桑原氏は「当時、伊藤博文が渋沢に対し『君らしくないじゃないか』とたしなめた、という記録が残っている」と話す。
 共同運輸と郵便汽船三菱会社は後に合併。日本郵船となり、現在も海運業界のトップランナーとして物流を支えている。
 渋沢が海運に力を注いだのは、岩崎に対抗するためだけではない。倉庫と海運を組み合わせ、より有機的な物流網を構築する狙いがあったとみられる。
 設立後、渋沢の「倉庫会社」は苦しい状況に追い込まれていた。昔ながらの労働慣習が色濃く残る中で、思うような事業運営ができなかった。85年(明治18年)の深川廻米騒動をきっかけに休業した。
 86年(明治19年)、倉庫と海運を組み合わせた「全国物流構想」を示し、「倉庫会社保護願」を政府に提出。渋沢の全国物流構想は、東北から中京まで拠点を置き、それらを内航海運で結ぶ、現代の物流構造にもつながるものだった。
 構想では、北は秋田、南は四日市まで港湾都市に倉庫を置く。併せて深川を埋め立て工事により河港化し、物流網の中枢として使う。深川は古くから物流の要衝として発展し、当時も多くの倉庫が立ち並んでいた。
 しかし、渋沢の提案は、またもや理解を得られなかった。保護願は認められず「倉庫会社」と均融会社は、設立から4年余りで解散。政府に近代倉庫制度の創設を求めた時と同じように、渋沢の考えは、当時としては先進的過ぎた。
 渋沢の物流に関する足跡を追っていくと、これから10年ほど沈黙の期間を迎える。

深川本社事務所と鉄筋コンクリート倉庫(渋沢倉庫提供)

独立事業「渋沢倉庫部」

 渋沢が再び物流業で大きな動きを見せるのは、97年(明治30年)のこと。その頃になると、三菱や三井といった財閥が、深川に倉庫を持ち、金融と倉庫を結び付けた事業運営を始めていた。現代にも続く大倉庫会社の源流だ。
 そんな中、渋沢は深川の邸宅内に、自身を営業主として、独立事業の「渋沢倉庫部」を創立。76年(明治9年)に始めた貸蔵業は、親戚の渋沢作太郎が経営する廻米問屋や、深川の倉庫業者に蔵を貸し、続いていた。渋沢倉庫部の運営は、長男の篤二に任せた。
 渋沢倉庫部は第一銀行と結び付き、倉庫証券を用いて物流と金融の融合を進めた。1905年(明治38年)には「倉庫部将来ノ新築及業務発展ノ一般計画」を協議。人事刷新を経て、設備と人員を増やしていく。
 09年(明治42年)には渋沢倉庫として株式会社化。当時としては珍しい、コンクリート造り2階建ての倉庫を建設し、エレベーターがない時代に、2階へ荷揚げするためのベルトコンベヤーを備えるなど、進んだ設備を整えた。
 渋沢は31年(昭和6年)、91歳でその生涯に幕を下ろす。当時、渋沢倉庫は順調に事業を進める一方で、重厚長大物を扱う財閥系の倉庫会社と比べ、後れを取っていたのも事実だった。
 転機を迎えたのは33年(昭和8年)。第1次世界大戦の中で力をつけていた大商社「鈴木商店」が、29年(昭和4年)に始まった世界大恐慌により潰れた。鈴木商店が持っていた大倉庫会社の「浪華倉庫」は行き場を失い、融資していた銀行団は渋沢倉庫に吸収合併を相談。渋沢倉庫が受け入れ、突然、全国規模の大倉庫会社が誕生した。

損得度外視「模範示せ」

 渋沢は従業員たちに「倉庫業は、半ば公共的なものだ」と言い聞かせていた。紆余曲折を経ても、「産業を盛り上げるには物流の発展が必要」という思いは変わっていなかった。
 象徴的なエピソードがある。15年(大正4年)、渋沢倉庫は小樽に出張所を構えた。当時、小樽にはまだ倉庫業が浸透しておらず、銀行などから請われての出店だった。
 あつれきが生まれることは予想できていた。しかし「損得は度外視して、小樽に倉庫業の模範を示せ」と渋沢が発破をかけたこともあり、渋沢倉庫は、3年間はどんな損も受け入れ、取引先と衝突することもいとわないという約束の下、小樽に倉庫業を持ち込み、目指していた事業運営を一定達成した。
 渋沢倉庫は現在も、渋沢の名を残す唯一の企業として事業を続けている。渋沢の「正しい道理で追求した利益のみが永続し、社会を豊かにできる」という理念を受け継ぎ、現代の渋沢倉庫もコーポレートスローガンに「永続する使命」を掲げている。

「大正期の渋沢倉庫」(渋沢倉庫提供)




本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap