物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ヒサマツHD、シャシーとボディー着脱 セパレートボデー開発 中継輸送しやすく

物流企業

2021/11/19 2:40

 ヒサマツホールディングス(久松孝治社長兼CEO=最高経営責任者、大阪市阿倍野区)が、シャシーとボディーの切り離しが可能な「セパレートボデー物流ビジネス」で、ドライバーの人手不足や労働時間短縮といった課題解決に取り組んでいる。アウトリガー(転倒防止装置)を取り外せるため、スワップボディーより積載量を確保できる。業界全体で困難を乗り越えるため、他の運送事業者への営業も積極的に行っている。(黒須晃)
 ヒサマツHD傘下のトランスポートアトミック(久松社長、同)向けの車両が完成。ベストライン(辰己千里社長、奈良県五條市)も同じ車型を導入する。1日には、両社の車両をお披露目した。本格的な事業展開に向け、テスト運行も順次実施しており、メリット・デメリットの抽出、分析を行っている。来春の定期運行を目指しているという。
 トラックの修理架装を手掛ける栄進ボディ工業(久松社長兼CEO=最高経営責任者)を中心に車両製造、事業開発を行い、特許も出願。独自の技術でシャシーとボディーを簡単に分離できるものの、トレーラとは異なり、免許やボディーの車検・重量税も不要という利点がある。シャシーとボディーを4カ所のツイストロックなどで固定。独自に開発した昇降装置を使い、ボディーの脱着を実現した。スワップボディーはアウトリガーを収納する構造のため、アウトリガーを取り外せるセパレートボデーの方が軽く、積載量を確保できる。
 関西―関東の長距離輸送などでは、中継拠点で関西、関東それぞれのボディーを脱着して載せ替えている。中継地点との往復のみで済むため日帰り運行が可能になる上、拘束時間の短縮、実車率の増加を見込める。当面は、トランスポートアトミックの浜松市の拠点に専用器具を置き、脱着の中継地点にする。中継地点の休憩・宿泊施設で8時間の休息を取っている間にボディーの載せ替え作業を実施することも可能で、効率的な運行につなげられる。
 ボディー部分はレンタルも可能。車両、ボディーとも新造車で購入できるほか、運送会社が保有する車両を改造する方法もある。新造車よりも改造した方が全体としての費用を安く抑えられるという。運送会社の事業規模や運行形態によって、車両リース料やボディーのレンタル料などについても柔軟に対応していく。
 久松社長は「本事業が全国に普及すれば、働き方改革に迫られる中小の運送事業者の一助となるはずだ。そのためには、需要に対応できるだけの生産体制の強化が不可欠。生産、製造にご協力いただけるメーカーや事業者を探している。長年の課題解決へ向け、業界全体で取り組んでいきたい」と話している。

トランスポートアトミックの車両をお披露目




本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap