物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

博多港/国際海コン取り扱い個数新型コロナで減少続く 自動車産業・小売り不振

調査

2020/04/14 0:00

 新型コロナウイルスの感染拡大で博多港の国際海上コンテナ貨物取扱量の減少傾向が続いている。日韓関係の悪化、米中貿易摩擦に加えて追い打ちがかかり、今年は1月24日に始まった春節(旧正月)から急減。東アジアに近い地理的ポテンシャルと九州最大の消費地である福岡市を背景に飛躍的な発展を遂げてきた博多港だが、「コロナショック」の長期化が懸念されている。(武原顕) 【写真=20年の博多港のコンテナ荷役作業ベースの取り扱い個数は、3月以降は大幅な落ち込みが予想される】





本紙ピックアップ

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

オススメ記事

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap