物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

くまもん&元カープ北別府氏、国交省を表敬訪問 ナンバープレート 人気トップ2が

行政

2019/05/14 0:00

 図柄ナンバーの人気トップ2、くまモンと「広島カープ」が石井啓一国土交通相を表敬訪問――。2018年10月に交付が開始された地方版図柄入りナンバープレートの申込件数で1位となった熊本県の蒲島郁夫知事と、2位の広島県福山市の枝広直幹市長が19年4月24日、くまモン(熊本県マスコットキャラクター)、カープOBで往年の名投手、北別府学氏(野球解説者)とともに国交省を訪れ、石井氏から記念ナンバープレートを贈呈された。  交付開始から6カ月が経過した全国41の地方版図柄入りナンバーで、熊本の「くまモン」が9059件と最多、次いで福山の「カープ坊や」(カープのマスコットキャラクター)」が8597件となり、それぞれ他のナンバー表示地域を大きく引き離したことから、表敬訪問が実現した。  蒲島氏は「熊本地震の発生から3年経った。復興に向け尽力しているが、国交省からの絶大な支援でようやくここまできた」と謝辞を述べた。一方、枝広氏は「広島県も18年の豪雨で大変な被害を受けた。こうした中、図柄入りナンバーの制定で、市民の気持ちが明るくなった。くまモンと一緒に普及に努めていく」とあいさつした。  これに対し、石井氏は「図柄入りナンバーは、地域の観光資源をデザインした『走る広告塔』としてスタートし、これまで全国で7万5千件の申し込みがあったが、その中でも両地域はトップランナー。引き続いての取り組みを期待している」と述べた。  また、北別府氏は「カープ坊やのナンバーをこれだけ付けていただけるのは、OBとしてもありがたい」、くまモンも「通訳」を通じ「ナンバープレートが色々な所で見られて、とってもうれしかもーん」と、それぞれコメントした。(田中信也) 【写真=くまモンと元広島カープの北別府氏(左)が蒲島熊本知事(右から2人目)、枝広福山市長(左から2人目)とともに石井国交相を表敬訪問】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap