物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

中田商事、サッカーと二足のわらじ 選手雇用し社会貢献 女性力活用を推進

物流企業

2019/04/23 0:00

 【三重】中田商事(三重県伊賀市)の中田純一社長は7日、理事長を務めるNPO(非営利組織)法人で女子サッカーのクラブチームを立ち上げた。選手は中田商事や他の地元企業で働くことで生活基盤が安定し、企業側はフレッシュな労働力を確保できる。選手と企業、双方のメリットに加え、スポーツを通じた地域活性化などの社会貢献を目指す。(星野誠)  中田氏が創設した少年サッカーチーム「FCアヴェニーダソル」は、12歳以下のチームが三重県大会で優勝するなど、東海地区で屈指の強豪に成長。Jリーグクラブに入団した卒業生もいる。今回新たに立ち上げたのは、女子チームのアヴェニーダソル・レディース、愛称「イルミナル」で、中高生と社会人の選手15人でスタートした。  社会人選手は、伊賀市内の企業で働きながら、夕方から1日2時間、週5日サッカーの練習に打ち込む。19歳の木村詩音氏ら3人は、中田商事のグループ企業で人材派遣業を行うNSサービス(中田一平社長、伊賀市)に入社し、中田商事をはじめ、他の物流企業やメーカーなどの倉庫施設で働くことが内定。また、47歳の監督も同社に所属し、昼間は中田商事のドライバーとして働く。  木村氏は、小学1年生でサッカーを始めた。高校には女子サッカー部が無かったため、愛知県内のクラブチームに入り、試合以外は自身が通う高校の男子サッカー部で練習していた。高校卒業後も、スポーツ・医療関係の専門学校に通いながらサッカーを続けていたが、地元の伊賀市に新しい女子チームができると知って参加を決意した。  「働いて給料をもらいながら、好きなサッカーをやれるのがうれしい。物流というとトラックの印象が強く、倉庫の仕事はイメージが湧かなかったが、フォークリフトの資格を早く取りたい」と木村氏。現在は中田商事の倉庫でリフト操作の特訓中だが、指導している中田一平社長は「運動神経が抜群なので、とにかく飲み込みが早い。即戦力になってくれそう」と期待する。  木村氏のポジションはミッドフィールダー(MF)。身長は153センチと小柄だが、「スピードには自信がある。MFなら前後左右どこでもやれる」と胸を張る。国内女子トップリーグ「なでしこリーグ」の選手になることが木村氏の夢だ。一平氏は「サッカーはもちろん、仕事を通じて社会人としても成長して欲しい」とエールを送る。  中田商事にも今春、ドライバー2人、倉庫スタッフ、運営する保育園の保育士と調理師それぞれ1人の、計5人の新入社員が入社した。ドライバー採用のうち1人は純一氏の長男・一輝氏で、将来に向けた人材確保が順調に進んでいる。  純一社長は「中身が見えにくい物流とは違い、保育園やサッカーチームの運営は、地域の人々にとって分かりやすい。我が社の知名度と信頼性が上がり、労働力を確保しやすい環境になってきた。我が社は女性社員の比率が4割を超えるなど、女性力の活用を進めているが、サッカーチームもその延長線上にある。選手たちが仕事をしながら、サッカーで結果を出せるよう支援したい」と意気込む。 【写真=「フォークリフトの資格を早く取りたい」と木村氏】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap