物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ヒガシ21/こどもミュージアム参画、「小さな愛」届ける車両 出発式 園児たちが見送り

物流企業

2019/04/19 0:00

 ヒガシトゥエンティワンは11日、宮田運輸(宮田博文社長、大阪府高槻市)が推進する「こどもミュージアムプロジェクト」トラックの出発式を開催した。本社ビルに入居している保育園の園児が描いたイラストを6台の車両にラッピング。今後も更なる増台を計画している。  ヒガシ21の金森滋美社長は「プロジェクトの存在を知ったのはテレビがきっかけだったが、誰でも自由に加盟できることを知り、即座に参加を決断した。自画自賛だが、保育園の皆さんの協力で本当に良い車に仕上がったと思う。今後は社員の家族にも協力をしてもらいながら、小さな愛を全国に広めていきたい」とあいさつ。  宮田運輸の宮田社長も「普段は怖がられているトラックが、たった1枚のラッピングで優しい印象を与え、通行人に写真を撮られるようになる。ドライバーが仕事に誇りを持てるようになるだけでなく、子供も自分の絵が街を走ればうれしく感じ、親しみを覚えるはず。これからも優しい気持ちと未来をつくるメッセージを世界に発信したい」と話した。  大阪府トラック協会の植芝俊明常務は「子供の絵や言葉には、人の心を穏やかにさせる魔法の力があると信じている。その力を世界に広めれば、交通事故も撲滅できるはず。プロジェクトに参画している皆さんの力で、世界に優しいトラックを広めて欲しい」とエールを送った。  出発式には、イラストを描いた園児たちも参加。「トラックの運転手さん、これからも安全運転頑張ってください!」という元気な掛け声に見送られながら、小さな愛を届ける「こどもミュージアム」車両が発進した。(蓮尾輝) 【写真=保育園の園児が描いたイラストを車両にラッピング】





本紙ピックアップ

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

オススメ記事

T2/自動運転トラック幹線輸送サービス、沼津-浜松でレベル2実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)は、2025年7月の自動運転トラックを用いた幹線輸送サービスの開始を目指し、新東名高速道路・駿河湾沼津サービスエリア(SA)―浜松SAでレベル2(特定条件下で…

アルプスウェイ、オリジナルキャラ「らん」を8台に施工

 アルプスウェイ(田村裕章社長、長野県松本市)は新たにオリジナルキャラクター「らん」を車両のボディーに施した。3日に披露したもので、同市出身で米アカデミー視覚効果賞を受賞した映画監督、山崎貴氏によるデザイン。松本センター…

能登地震/初動対応検証、物流業者と連携促進

 政府が10日開催した能登半島地震の復旧・復興支援本部(岸田文雄本部長、首相)で、関係省庁からなる初動対応の検証チームが検証結果を報告した。物資調達に関しては、ラストマイルまで被災者が希望する物資が届かなかったといった声…

コア、各種点呼をひとまとめに

 ソーシャル・ソリューションメーカーを企業理念に掲げるコアは、対面、電話、遠隔、IT(情報技術)、業務後自動点呼をひとまとめにし、一つのライセンスで提供するクラウドシステムで運送事業者の負担軽減、業務効率の向上に貢献して…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap