物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

タウ/「願いのくるま」アートコン、初開催で21作品を表彰

産業

2019/04/16 0:00

 損害車の買い取り・販売を展開するタウ(宮本明岳社長、さいたま市中央区)が運営する「願いのくるま」(原田真理事長)のアートコンテスト入賞作品が決定し、3日に表彰式が開かれた。2月の募集期間に全国から267点の作品が寄せられ、21作品が最優秀賞、優秀賞、特別賞、タウ支店賞などに輝いた。  願いのくるまは、ターミナルケアを受けている人を「その方が望む場所」へ無料でお連れするボランティア団体。障がい者支援にも積極的に取り組んでおり、その一環として、「『願いのくるま』で行きたい場所」をテーマに、障がい者を対象として作品募集を行っていた。  表彰式は、障がい者自立推進機構(中井亮代表理事)の理事を務めるタレントのセイン・カミュ氏が司会進行を務めた。宮本社長は「初めての開催にもかかわらず、わずか1カ月の期間に、これだけ多くの素晴らしい作品が寄せられたことに感謝したい。これから毎年開催する。当社は世界116カ国との取引があり、今年中にも『ネット美術館』をスタートさせたいと思っている。また、願いのくるまの活動エリアも、これまでの関東地区から全国に拡大を図っていく」と意気込みを示した。  田尻はじめさんの作品「未来への架け橋 角島大橋」が、最優秀賞と、タウ支店賞となる長岡営業所賞のダブル受賞となり、賞金6万円が贈られた。(谷本博) 【写真=受賞者らと撮影に臨む宮本社長(前列中央)】





本紙ピックアップ

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

オススメ記事

トラックGメン創設1年、「商慣行見直し」着実に効果

 「トラックGメン」の創設から1年――。初の「勧告」をはじめとする、適正取引の違反が疑われる荷主・元請事業者に対する法的措置(是正指導)は、創設前と比べ飛躍的に増加し、物流の商慣行見直しに向けて着実に効果を上げている。一…

トラック「自動運転」レベル4実証むけ、通信環境を整備へ

 総務省は、レベル4(特定条件下での完全自動運転)トラックの実証に必要な通信環境整備として、5.9㌐ヘルツ帯を活用したV2X通信の実用化に向け、既存ネットワークを活用したV2N通信との両にらみで評価・実証などに取り組む。…

ギオン、美容室とコラボイベント

 ギオン(衹園彬之介社長、相模原市中央区)は17日、全国に70店舗を展開する美容室大手のTAYAとコラボレーションし、女性社員の「自分らしさ」「美しさ」「働きやすさ」追求を応援するイベント「女性ドライバー大変身」を行った…

ヒカリHDグループ、「食品・太陽光」荷動き活発

 ヒカリホールディングス(長田義光会長、岡山市北区)グループは、業績を順調に拡大させている。主力輸送品目の食品や、太陽光発電システム関連の荷動きが活発で、岡山市北部では土地開発(3万3千平方㍍)にも着手し、新しい物流セン…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap