物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

西大寺運送、岡山センター2棟目 旺盛な需要でフル稼働 作業効率を高め

物流企業

2019/04/09 0:00

 【岡山】西大寺運送(入倉栄作社長、岡山市東区)は、岡山物流センター(南区)に2棟目のB棟を完成させ、営業倉庫の業容を拡大した。旺盛な倉庫需要を背景に開設当初からフル稼働している。同社は現時点で県内に総床面積2万1450平方メートルの営業倉庫を抱えるが、これを3万3千平方メートルまで拡大する方針。入倉社長は「次の計画のメドは立っており、来年か再来年には具体化させたい」と話している。(江藤和博)  B棟は2月25日から稼働しているが、様々な荷物に対応できるよう汎用(はんよう)性を高めたのが特長。2階建て延べ床面積3300平方メートルで、搬入口を三つ設け、うち二つは昇降機と直結している。また、昇降機のスピードを1棟目のA棟より速くし、作業効率を高めた。天井高はA棟より高く、1、2階とも7メートルを確保。2階の床荷重も1平方メートル当たり1.5トンと強度を上げた。  同社の岡山物流センターは、瀬戸中央自動車道・早島インターチェンジから車で5分の好立地。このため、倉庫需要は強く、2016年4月から稼働しているA棟(2階建て、延べ床面積6600平方メートル)もフル稼働している。  また、津山物流センター(津山市)、北部物流センター(美作市)、東部物流センター(岡山市東区)、本社第1・第2倉庫を保有し、県内全域に営業倉庫のネットワークを構築している。  入倉氏は「倉庫と配送のオペレーションを同時に自社で手掛けることで当社は伸びてきた。今後も荷主に小回りの利いたサービスを提供していきたい」と話しており、営業倉庫の拡大路線を継続する構えだ。  同社の2019年1月期の売上高は25億円(前期比8.6%増)、グループ会社を含めると30億円(20.0%増)を達成。また、従業員数もグループで200人となった。1953年11月設立の同社は今年66周年を迎えたが、70周年に向け様々な改革を進め、グループの売上高50億円を目指す。  そのため、人材の確保・育成は重要課題で、ドライバーがやりたい仕事を優先して確保するなど労働条件を改善。車両数は現在190台だが、近く200台まで増車する。 【写真=1、2階とも天井高7メートルを確保し、汎用性を高めたB棟】





オススメ記事

パスコロジ、茨城で中継輸送拡大

 パスコ・ロジスティクス(神保昌明社長、神奈川県海老名市)は、千葉県野田市の工場から茨城県向けのパン配送で行っている中継輸送のエリアを20日から拡大。これまでの茨城県北部に加え、県南東部の鹿行地域向けも中継輸送化する。ド…

JL連合会、ヒューマンネット活性化

 日本ローカルネットワークシステム協同組合連合会(JL連合会、迫慎二会長)は14日、総会を開き、事業計画など5議案を承認した。「2024年問題」に直面する年度に入り、人手不足や物価高騰など様々な課題を抱える中、本部・地域…

コクヨサプライロジ、ピックロボ稼働

 コクヨグループの文房具、事務用品の物流を手掛けるコクヨサプライロジスティクス(若林智樹社長、大阪市東成区)は15日、カウネット福岡物流センター(福岡県粕屋町)で、ピッキングを補助するロボットを本格稼働させた。バラ出荷工…

北陸地整局、新潟東港で貨物輸送実証

 北陸地方整備局は14日、黒山駅分岐新潟東港専用線(旧新潟臨海鉄道)の旧藤寄駅で、新潟港に近接する臨港鉄道を活用した海上コンテナの輸送実証を行った。「2024年問題」の影響を踏まえ、港湾周辺の脱炭素化を図るカーボンニュー…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap