物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省/運航情報検索システム、本格運用を今夏メドに 荷主の海運シフト促進

行政

2019/04/05 0:00

 国土交通省は今夏をメドに、荷主が海運モーダルシフトに活用可能な運航情報を検索できるシステムの本格運用を始める。海運へのモーダルシフトが荷主にあまり認知されていない状況を改善。同省はこのシステムを、荷主にとっての「入り口」にしたい考えだ。(辻本亮平)  3月27日、「海運モーダルシフト推進協議会」でシステムの方向性を示した。  政府は2020年度までにモーダルシフト貨物の海上輸送量を12年度比10%増の367億トンキロへ引き上げる目標を立てている。内航海運の新たな需要につなげ、安定性・生産性を高める狙いがある。  しかし、現状は荷主への認知が足りず、海運モーダルシフトの情報も得づらい。同省は検索システムを荷主にとっての「入り口」とし、海運モーダルシフトに乗り出しやすい環境を整備する。  陸上拠点の出発・到着地点や日時・曜日などを打ち込むと、適したルートを表示。船社・船種に加え、CO2(二酸化炭素)排出量も確認できる。利用運送事業者向けに港間のルート検索機能も実装。運用開始後は、船社の利用拡大に向け、アクセス内容の解析情報を提供する。  また、同日の協議会では、19年度から実施する海事局長表彰制度「海運モーダルシフト大賞」の方向性案も示した。既存の認定・表彰制度とは異なり、「革新性」「継続性」など定性的な基準を評価。既存の認定・表彰制度も継続し、並行して運用する。5~8月に推薦募集を行い、12月~20年1月に表彰する。 【写真=荷主にあまり認知されていない状況を改善する】





本紙ピックアップ

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

オススメ記事

事業者間遠隔点呼、効率化・生産性向上へ

 安全運行の要とも言える点呼。対面を基本としながら、IT(情報技術)点呼や遠隔点呼、自動点呼などができるようになり、2023年末からは資本関係のない事業者間での遠隔点呼が可能になった。遠隔点呼は効率化や生産性向上につなが…

労基法制見直し、労使の対立軸浮き彫り

 厚生労働省が、働き方改革関連法の施行5年を踏まえ検討している、労働基準法などの見直しを巡り、労使双方の対立軸が浮き彫りとなった。経団連は事業場単位で行われている労使協定締結などの手続きを、企業単位に変更するといった仕組…

OSPグループ、物流のSDGs後押し

 大阪シーリング印刷(松口正社長、大阪市天王寺区)を中核とする、シールやラベルの製造・加工・販売大手OSPグループは、環境に配慮した物流向けの製品の提供を通じて、物流・運送事業者のSDGs(持続可能な開発目標)の取り組み…

朝日通商/瀬戸内エリアの産学連携、スイーツブランド始動

 朝日通商(後藤耕司社長、高松市)は、瀬戸内エリアの生産者、企業、学校をつなぎ、卵や玄米など地元のエシカル(倫理的)フードを使った新しいスイーツ食品のブランドづくりに乗り出した。7日には坂出第一高校(香川県坂出市)でキッ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap