物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

丸徳グループ、はだか祭りで感謝伝え 荷主ら招き厄落とし 商売繁盛を祈る

物流企業

2019/03/05 0:00

 【愛知】丸徳産業(久納英治社長、稲沢市)と丸徳輸送(同)を柱に物流事業を手掛ける丸徳グループは2月17日、地元の奇祭、尾張大国霊神社国府宮(こうのみや)はだか祭(儺追(なおい)神事)に荷主や取引先の関係者を招き、日頃の感謝を表した。(梅本誠治)  はだか祭は、767年に称徳天皇が悪疫退散の祈とうを全国の国分寺で行ったのが発祥。その年の儺{{な}}負{{おい}}人{{にん}}(神{{しん}}男{{おとこ}})として選ばれた裸男に触れると厄落としができると信じられている。丸徳グループは、願いを書いた「なおいきれ」で飾る「なおい笹」の奉納を国府宮から認められており、来場者一人ひとりが安全や健康、商売繁盛などを祈願した。  久納昇辰会長が「国府宮に『なおい笹』を奉納するようになって10年あまり。当グループは2019年に46期を迎え、時代の流れを感じている。今日は宮司に代わって家内安全、商売繁盛、交通安全のおはらいをさせてもらうので、一年の無事を祈るとともに、今後も社長や従業員を盛り立ててもらいたい」とあいさつ。  社内のはだか祭は、祈とうに続き、鏡開きでスタート。久納社長は「今年は17年振りの日曜日開催。働き方改革を実行する中、本来なら休みとするべきところを少しでも皆さんに喜ばれるよう従業員一同頑張っている。日頃の感謝の気持ちとして受け取ってもらい、心ゆくまで楽しんで欲しい」と呼び掛けた。  会社の中庭スペースには、各地域の奉賛会に所属する裸男への振る舞い酒が用意され、それぞれの集団が立ち寄るたびに参加者一同で盛り上がった。 【写真=各地域の奉賛会に所属する裸男が丸徳グループ本社前に集まる】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap