物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日本アクセス、近畿―関東で幹線便運行 来月メド 名産品の供給体制構築

物流企業

2019/01/31 0:00

 大手食品卸の日本アクセス(佐々木淳一社長、東京都品川区)は全国チルド幹線物流のエリアを拡充する。2月20日をメドに、近畿から関東に向かう幹線便の運行を新たにスタートする。各地の名産品を全国津々浦々に供給する体制の構築を推進。これにより、各地に埋もれていた新商品を発掘し、品ぞろえの充実と差別化を実現する。  同社が1月23、24の両日開いた総合展示商談会「春季フードコンベンション2019」で紹介した。全国チルド幹線物流網の整備と並行して、「EX-Factory価格取引」をメーカーに提案。これはメーカーの工場や倉庫から出荷した時点で取引する仕組みで、取引先の物流を受託することでコスト低減を支援する。  23日の記者会見で、亀岡正彦取締役が「全国幹線便を駆使してMD(マーチャンダイジング)の強化に取り組んでいる。強みの低温物流を生かしたビジネスの構築に注力していきたい」と述べた。  同商談会では、テーマに「New ACCESS Way 2020~進化・創造」を掲げ、フルライン卸として、更に強化した多様なサービスと機能について提案。北海道物産を紹介するコーナーでは、北海道から関東に向かう幹線便の利点をPRした。同ルートは運行を開始して2年余りが経過し、現在は年間に20億円規模の道産品を首都圏などに届けている。(沢田顕嗣) 【写真=全国チルド幹線物流をアピール(23日)】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap