物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

政府/商品事故補償「適正」に 飲料輸送の研究会立ち上げへ

行政

2019/01/14 0:00

 政府は、飲料輸送中の商品事故でトラック事業者が過度な費用負担を求められている状況の是正に向け、研究会を立ち上げる。飲料のダメージの有無は、メーカーによって判断基準が異なり、基準が無い場合もある。運送事業者に過失が無くても補償しなければならないケースもみられる。研究会には、関係省庁に加えメーカー、運送事業者が参加。法的な観点を含め、適正な取引環境について議論するとともに、関係者間で合意形成を目指す。(辻本亮平)  12月21日の下請等中小企業の取引条件改善に関するワーキンググループ(長谷川栄一座長、内閣総理大臣補佐官〈政策企画担当〉)で説明した。  飲料輸送ではかねて、商品事故の補償の適正化が課題となっていた。例えば、トラックで工場から倉庫へ輸送する際、急ブレーキなどにより商品事故が発生すると、商品の傷んでいない部分まで補償するよう求められる。また、過失ゼロの事故によるダメージでも補償しなければならない場合がある。  また、補償しても、トラック事業者は商品の使い道を決めることはできず、産業廃棄物として処理すると、その費用も負担しなければならないことがある。  一方、メーカー目線では、被害が軽い場合は箱を交換して済ませるが、急ブレーキなど強い衝撃が推察される場合、傷んだ部分の周辺を含め、欠品の損害見合い額の支払いや廃棄を求めることがある。  廃棄を求めるのは、炭酸漏れの防止など品質保証や、横流し・安売り防止などの目的がある。事務局の報告によると、多くのメーカーが廃棄費用を自社負担しているという。ダメージの判断基準は、メーカーによって有無が分かれる。  こうした現状を踏まえ、法的な観点を含め適正な取引について検討するための研究会を発足させる。飲料メーカーと運送事業者も出席し、業界内の合意形成につなげる。 【写真=飲料メーカーと運送事業者も出席し、業界内の合意形成につなげる(イメージ写真)】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap