物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省/首都高地下化大型車通行むけ検討着手既存線強化か地下別線

行政

2019/01/10 0:00

 国土交通省は12月25日、首都高速道路の日本橋周辺の地下化で、トラックなど大型車の通行を確保するための検討に着手した。首都高地下化では、八重洲線や東京高速道路(KK線)への転換が必要だが、現状では大型車が通行できない。このため、既存線の構造を強化するか、別線を地下に整備することを方策として挙げた。  同日、「首都高都心環状線の交通機能確保に関する検討会」(池田豊人座長、国交省道路局長)を立ち上げた。「首都高日本橋地下化検討会」での検討事項を引き継ぐもので、メンバーに東京高速道路(塚本和隆社長、東京都中央区)の加藤浩常務を加えた。大型車の交通確保に向け、①KK線の構造強化②地下に別線を整備――の両案を検討する。  地下化と併せて、江戸橋ジャンクション(JCT)の都心環状線内回りのランプが撤去されることから、汐留JCTから神田橋JCTまでの交通は、八重洲線に転換される。しかし、八重洲線の間に挟まれるKK線は、20トンまでの車両しか通れない。  このため、KK線の構造強化が方策として挙がった。床版や桁を補強する構想だが、工事期間中はKK線のテナントの店舗が営業できなくなる。また、一部で道路幅を拡充しなければならないが、そのためには現在の街路を移設する必要があり、更に、八重洲線との接続が難しい箇所がある。  地下に別線を整備する案では、下水道などの埋設物に配慮することが求められる。また、地下鉄を避けて別線を通すため、一部で八重洲線の地下トンネルと別線が交差し、接続が困難になる。  両案とも、八重洲線との接続が課題となっている。同検討会では、両面から検討を重ねることとしている。(辻本亮平) 【写真=①KK線の構造強化②地下に別線を整備――を検討】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap