物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

厚労省、パートも厚生年金加入 働き方の多様化踏まえ 来年9月実現むけ検討

行政

2019/01/03 0:00

 厚生労働省は12月18日、厚生年金や医療保険に加入する労働者の範囲拡大に向け検討を始めた。パートタイマーなど短時間労働者での範囲拡大を俎上(そじょう)に載せ、2020年9月までに実現する。今後、働き方が多様化することを念頭に労働者の生活を守るのが目的だが、企業の人件費増大を招く恐れもある。同日に立ち上げた有識者会議では、中小企業への配慮を求める声が多く上がった。(辻本亮平)  同日、「働き方の多様化を踏まえた社会保険の対応に関する懇談会」(遠藤久夫座長、国立社会保障・人口問題研究所所長)が発足。厚生年金や医療保険は現在、従業員数501人以上の企業を対象に①労働時間が週20時間以上②賃金が月8万8千円以上③勤務期間が1年以上の見込み――の労働者を加入させるよう義務付けられている。加えて、このルールは17年4月から、500人以下の企業でも労使の合意に基づき適用することができる。  同懇談会では厚生年金・医療保険の適用範囲拡大に向け、従業員数や労働時間、賃金などの要件を精査。20年9月までに、法改正など必要な措置を講じることとしている。  幅広い労働者の生活を守るのが目的だが、これまで国民健康保険や国民年金が適用されていた労働者が厚生年金や協会けんぽの医療保険に切り替われば、企業は支払額を負担しなければならない。同会議では、経営者が働き方改革への対応を迫られていることも踏まえ、特に中小企業への配慮を求める声が上がった。  16年のデータをみると、パートタイムで働く労働者のうち、運輸・郵便業が占める割合は約9%と少なくない。全産業で人手不足を要因としたパート労働者の需要が高まっていることもあり、厚生年金・医療保険の適用拡大は各企業に大きく影響しそうだ。  また、同懇談会では、厚生年金・医療保険の適用事業所の範囲についても議論する。貨物運送を含む法定16業種では、常時使用する労働者が5人未満の個人事業主について、厚生年金・医療保険を任意で適用することとしている。見直しの必要性や、その内容について今後、検討を進める。 【写真=企業の負担増を見据え、特に中小への配慮を求める声が上がる】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap