物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

旭新運輸開発、労働時間短縮へ新営業所 荷主工場近くに倉庫集約

物流企業

2018/12/24 0:00

 【北海道】旭新運輸開発(新井竜範社長、大阪市北区)は10日、千歳営業所(北海道千歳市)を稼働させた。敷地面積7200平方メートルの土地に、床面積1980平メートルの平屋建ての倉庫も建設。段ボールをメインに取り扱い、同社の道内の主要拠点として機能させる。荷主工場の近くに設けたことで、ドライバーの労働時間の短縮も見込む。(土屋太朗)  新営業所は倉庫に加え、事務所やトラック30台分の駐車場を設置。倉庫は恵庭市と千歳市にある倉庫の機能を集約した。恵庭市の倉庫は継続して稼働させ、段ボールに代わる新たな貨物を取り込んでいく。  新営業所の倉庫では、最大で1日当たり5万平方メートル分の段ボールを取り扱う予定。併せて、飲料など段ボール以外の品目も手掛けていく。  配送先は道内全域。だが、荷主工場に近くなったことで、ドライバーによる配送距離が短くなり、労働時間の短縮につながる。加えて、倉庫には荷役を行う作業員を常駐させ、ドライバーの積み込みなどの負担も軽減させる。  同社ではドライバーや庫内作業員は全て正社員。未経験者でも積極的に採用し、運転免許の取得支援も行う。作業員も正社員にすることで、ドライバー未経験者でも、まず作業員から始めてもらうことで、将来的にドライバー職を担ってもらうようにする。  こうした取り組みが奏功し、社員は20~40代が多い。今後も増車・増員を進め、道内で営業所の開設も進めていく方針。新営業所の岩田祐二所長は「労働時間を減らせば、その分新たな労働力も必要になる。従業員の余暇の時間が増えるよう取り組む」と話す。 【写真=営業所の倉庫では、最大で1日当たり5万平方メートル分の段ボールを取り扱う予定】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap