物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

オープンロジ、在庫分散サービス開始 岡山の倉庫会社と提携 輸送距離短縮を目指す

物流企業

2018/12/10 0:00

 倉庫など物流プラットフォームサービスを手掛けるオープンロジ(伊藤秀嗣社長兼CEO=最高経営責任者、東京都豊島区)は11月30日から、岡山県倉敷市内の倉庫を拠点に「在庫分散サービス」を開始した。新サービスはBtoC(企業-消費者)の商品販売を手掛けるEC(電子商取引)事業者をメインユーザーに想定。西日本エリアに拠点を展開することで、輸送距離の短縮や、四国、九州での翌日配送の実現を目指していく。(佐々木健)  新サービスは関東から西日本の複数の倉庫に、商品在庫を分散して保管し、流通加工や出荷業務を代行するもの。同社では10月から、業務提携できる倉庫会社の開拓を進めるエクステンションチームを設置。宅配事業者の運賃値上げや、距離別運賃への移行など、取引条件変更に伴うコストアップに対応すべく、関東と西日本エリアでの拠点開設を進めていた。今回、倉敷市内の倉庫会社と業務提携し、サービスを開始した。  利用者は国内ネット通販業者だけでなく、国外の越境EC事業者も想定している。現在、オーストラリアのマットレスメーカー、コアラ・スリープ・ジャパン(ダニエル・ミルハム社長、東京都港区)が在庫分散サービスの利用を開始。発送費用を1カ月当たり、以前より2割削減できるとしている。  オープンロジでは「拠点規模は、小規模なスペースからスタートさせ、順次拡大していく。エクステンションチームでは、神奈川県など関東圏での拠点開設も進めている。今後は、中国の越境ECの需要も取り込んでいきたい」としている。 【写真=倉敷市内の倉庫会社と業務提携し、サービスを開始】





本紙ピックアップ

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

オススメ記事

高速道路/深夜割引、適用時間の走行分のみ

 東日本高速道路、中日本高速道路、西日本高速道路の3社は12日、新たな高速道路通行料金の深夜割引について、2024年度末に運用を開始する、と発表した。また、入り口・出口料金所や本線上に設置したETC無線通信専用アンテナな…

国交省/特車通行確認制度、対象経路・車種を拡大

 国土交通省は、「特車通行確認制度」の更なる利便性向上に向け、利用できる経路・車両を拡大するなど更なる改善に取り組む。トラックの大型化などに対応するため、特殊車両通行制度の見直しなどを行い、2022年度から同制度をスター…

北修社長の永山修氏、親子二人三脚で夢つかむ

 26日に開幕するパリ五輪に、北修(北海道美唄市)の永山修社長(50)の長男、永山竜樹さん(28)が柔道男子60キロ級に日本代表として出場する。2021年の東京五輪出場の代表争いで涙をのんだ竜樹さんを支え続けてきた永山社…

直販配送、スマートグラスで効率⤴

 雪印メグミルクグループの直販配送(倉持裕司社長、東京都新宿区)はスマートグラスを用いたデジタルピッキングシステムで作業効率を向上させている。眼鏡のようなウェアラブル端末に仕分け情報を投影、ハンズフリーで生産性を高めた。…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap