物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

栄運輸、陸運業初の安衛優良認定 運転者も参加し品質改善

物流企業

2018/10/29 0:00

 【群馬】栄運輸(篠原利行社長、群馬県伊勢崎市)は17日、群馬労働局から安全衛生優良企業認定の通知書を授与された。安全衛生優良企業は、労働者の安全と健康確保に十分な取り組みを行い、高い安衛水準を維持・改善していけると厚生労働省が認定した企業で、同省ホームページで社名を公表しているもの。管理者だけでなく、ドライバーも参加する品質改善と安衛水準向上に向けた取り組みが認定につながり、陸運業界で初の取得となった。(佐々木健)  認定を受けるための基準は、過去3年間、労働安全衛生に関わる重大な法違反が無く、労働者の健康保持と増進、メンタルヘルス対策や安全管理、過重労働防止への一定水準以上の取り組みが求められる。重篤な労働災害が3年間で2件以上発生していないことや3年間全ての年で有給休暇取得率が7割を超えていることなどを基準に審査する。  認定は3年間有効で、認定企業マークを使用することで、取引先や消費者、就労希望者に自社の安衛体制をアピールできる。2015年6月から申請を受け付けており、同労働局によると、同日時点で認定を受けているのは、栄運輸を含めて全国で37社。  この日は同労働局を篠原社長が訪問し、半田和彦局長から通知書を受け取った。半田氏は「陸運業界初の模範企業として、頑張って欲しい。知恵を出して、業界の改善のために活躍して欲しい」と述べた。  懇談で、篠原氏は「管理部門の人員を拡充してから余裕ができた。認定取得は、取得ありきの活動の成果ではない。ドライバーや管理者など現場の自主的な活動で、ここまできた」と苦労を振り返った。 【写真=群馬労働局の半田局長から認定通知書を受け取る篠原社長(左)】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap