物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

TDBC、人材シェア取り組み加速 WG活動 実証実験・会合重ね 夜間駐車場の不足解消も

物流企業

2018/10/29 0:00

 運輸デジタルビジネス協議会(TDBC、梅村尚史会長)は23日、「先端技術による業務効率化」など六つのワーキンググループ(WG)の進ちょく状況と今後の方針などを報告した。日立物流などで構成するWG「人材不足の解消」は、複数の事業者間での人材シェアリングを大きなテーマに据え、取り組みを加速させる。(高橋朋宏)  WG「人材不足の解消」は、「地域内での人材シェア」「人材シェアを可能とするプラットフォーム化(コントロールタワー)」「マルチ人間の育成(どの職場でも仕事ができるための教育制度の構築)」などの実現を目指してきた。  地域内での人材シェアでは、日立物流の営業所Aでは午前中に作業が集中し、近くの物流事業者Bでは午後に作業が集中するケースがあり、このようなケースでは人材をシェア(双方の業務を1人の従業員が担当)する余地があることが分かった。  今後、二重派遣とならない適正な仕組みづくり、従業員と業務のマッチングシステムの構築、従業員の移動手段の確保など、人材シェアの実現に向けて実証実験や会合を重ねていく。  また、同WGでは、空きスペースのシェアによる観光バスの夜間駐車スペース不足の解消にも取り組む。訪日客の増加で、客を降ろしてから翌日の送迎までの夜間(午後10時から午前8時)、観光バスを駐車するスペースが都心には非常に少なく、郊外の駐車スペースまでの移動距離が長くなっており、バスドライバーの拘束時間が長くなる原因となっている。  日立物流京浜営業所は都心の好立地にあり、夜間はヤードに空きがあることから、観光バスに駐車スペースの提供が可能。実地の確認などを経て実現に向かう。TDBCは物流だけではなく、バス・タクシー事業者でも構成し、運輸業界全般の課題解決を図っている。  WG「先端技術による業務効率化」は、課題や参加者が多いため、「先端技術を中心とした業務効率化」「実業務課題目線での効率化」に分かれて活動を展開していく。「MaaSへの取り組み」「乗務員の健康増進」「交通事故の撲滅とエコドライブ」の各WGもそれぞれの課題解決を目指す。  また、新規会員のトヨタ自動車やジャパン・トゥエンティワン(加藤充社長、愛知県豊橋市)など8社が自己紹介した。 【写真=各WGの代表者が課題解決へ向けた目標と進ちょくを発表】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap