物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

スカニアジャパン、現場の声を装備に採用 新モデル 乗り心地「最上級」 試験走行、地球300周分

荷主

2018/10/25 0:00

 スカニアジャパン(ミケル・リンネル社長、東京都港区)は18日、9月に発売した新モデル「ネクスト ジェネレーション スカニア」のリジッド(単車)トラックのメディア向け試乗会を岡山国際サーキット(岡山県美作市)で開催した。(江藤和博)  冒頭で、リンネル社長は「新シリーズにはエアフルサスペンションを導入しており、最上級の乗り心地と操作性を確約できる。また、安全性は我々にとって最優先事項であり、補助ブレーキの流体式リターダは起伏の多い地形をこなすのに優れた選択肢だ。顧客の利益に貢献するというスカニアのコミットメント(約束)はディスクブレーキの標準装備にも反映され、メンテナンスの必要性が減り、オペレーションコストが減少する」とアピールした。  続いて担当者がプレゼンテーションを行い、「スカニアでは最初のシリーズを発売した1960年から4度目のフルモデルチェンジを行い、2500億円の投資と1250万キロメートル(地球300周分)の走行を行ってきた。81台が様々なマーケット(国)で試験走行して貴重なデータを取り込んでおり、自信を持って送り出せる車両だ」とアピールした。  新シリーズは、ドライバー環境、燃費、キャブ空間の最適化、安全性の各領域に焦点を当てて開発。完成ウィング車は、バックアイカメラ、コーナーアイ(左前側方カメラ)、流体式リターダ、LED(発光ダイオード)のヘッドランプやテールランプなどを標準装備。キャビンの安全性・居住性を高めたほか、サスペンションを一新してハンドリングを安定化させた。また、制動距離を従来より5%短縮し、燃費も2%向上させた(高速道路を時速70キロで走行した場合)。  細かな装備にも現場のドライバーの声を取り入れたのが特長で、荷台のリアフレームにラッシングベルトを組み込んだほか、荷室内に電気スイッチを設け、荷室からキャビンの、キャビンから荷室の照明をそれぞれ消灯できるようにした。また、旧型では手動式だったキャビンの開閉は、エンジンルームに備えられたボタンによる電動式になり、ドライバーの負担を軽減した。  キャビンはP、G、Rなどのシリーズがあるが、標準のPシリーズで「必要な装備は十分にそろっている」という。完成ウィング車(3軸)の寝台は旧シリーズよりやや狭くなったが、荷室高は2メートル60センチ、荷台の長さが9メートル60センチと広くなり、「国産の4軸低床車に対抗できる」とみている。 【写真=キャビンの開閉も電動式になりドライバー負担を軽減】





本紙ピックアップ

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

オススメ記事

トラック輸送「非化石燃料」転換、荷主に充電インフラ設置要請へ 

 政府は、トラックなど商用車を含む電気自動車(EV)の充電インフラ環境の整備に向け、関係省庁を挙げて取り組みを強化する。経済産業省は、輸送量の多い荷主に対し、電動トラックの充電設備の設置を求めるための検討に着手。また、国…

首都高「料金改訂」半年、短距離利用⤴長距離⤵

 国土交通省は18日、首都高速道路などの料金改定から半年後の交通状況を公表した。料金改定は、首都圏の高速道路の効率的な利用に向け4月1日に実施したもの。首都高の全体交通量が増加する中、長距離利用が減少し、短距離利用が増加…

サンネット物流、出荷伝票システム刷新

 総合化学メーカー物流の元請けであるサンネット物流(下村功社長、千葉県市原市)は、ドライバーの負担軽減と協力会社の配車事務の効率化を目的に新たな出荷伝票管理用クラウドシステム「S-Eyes Next(エスアイズ・ネクスト…

輸出航空貨物10月、10カ月連続マイナス

 航空貨物運送協会(JAFA、岡本宏行会長)がまとめた10月の航空貨物輸出量(混載)は、7万9413㌧(前年同月比19.0%減)だった。10カ月連続のマイナスで、国・地域向けでみても米国向けが9カ月連続で減少。中国向けも…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap