物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ヤマト、空の輸送モード構築へ 米ヘリ会社と業務提携

物流企業

2018/10/18 0:00

 ヤマトホールディングス(YHD)は12日、米テキストロン傘下のベルヘリコプターと新たな空の輸送モードを構築する、と発表した。最大積載量453キログラム、時速160キロメートル以上で飛行する電動垂直離着陸機(eVTOL機)などを活用した輸送モードのデモンストレーションを2019年夏までに実施し、20年代半ばまでの実用化を目指す。  ベルヘリコプターは今後、輸送容器(ポッド)を搭載するeVTOL機をベースとした自律運航型ポッド輸送機(APT)の設計・開発・製造を主導する。  YHDは、これまで培ってきた物流業務のノウハウを生かしたポッドを開発する。開発したAPTとポッドの飛行と機能のデモンストレーションを、19年8月までに実施する。  YHDで経営戦略とデジタルイノベーション推進室を担当する牧浦真司常務執行役員は「我々が物流サービスを提供してほぼ1世紀が経とうとしている。より高品質な配送サービスをお客さまに提供できるよう、ベルヘリコプターと共同で実現する次世代のテクノロジーソリューションを駆使して、新たな顧客価値の創造に貢献できることを喜んでいる」とコメント。  ベルヘリコプターのイノベーション部門ヴァイス・プレジデント、スコット・ドレナン氏は「ベルの専門技術を活用することで、既存の民間物流の在り方を変革できることに大きな期待を抱いている。両社の協力を通じて新たな空の輸送モードの構築を実現し、将来の大規模物流の先例を世界に示したい」としている。(高橋朋宏) 【写真=電動垂直離着陸機のイメージ】





本紙ピックアップ

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

オススメ記事

交付金制度見直し、「時代に対応」使途拡大へ

 全日本トラック協会(坂本克己会長)は、運輸事業振興助成交付金制度について、見直しを視野に検討を進めている。「2024年問題」や、GX(グリーントランスフォーメーション)・DX(デジタルトランスフォーメーション)など新し…

外国人在留資格/特定技能制度、「自動車運送業」追加

 政府は4月から、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」を追加する方針を固めた。新規に追加する4業種のうち自動車運送業はバス、タクシー、トラックの3業務で構成。4業種は、在留期間が最長5年の「特定技能1号」のみを…

国交省、「自動物流道路」検討着手

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」の目指すべき姿や必要な機能、事業主体などの検討に着手した。21日に有識者、関係団体などで構成する検討会(羽藤英二委員…

弘和通商、女性出所者を初採用 

 弘和通商(長谷川朋弘社長、札幌市東区)は出所者の雇用を積極的に進めている。2023年12月には、ドライバー兼倉庫作業員として田中愛氏が入社した。女性の出所者の採用は初めて。本人の社会復帰や生活再建をサポートするとともに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap