物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

福通、日曜集配を停止 休みやすい環境整備

物流企業

2018/09/27 0:00

 福山通運は21日、10月1日から順次、日曜日(祝日除く)の集荷・配達業務を取りやめる、と発表した。ドライバーが休みやすい環境をつくり、定着率を高めるとともに、新たな人材確保につなげる。同時に、全国の主要経済圏単位での「即配サービス」を強化するなど平日のサービス品質の向上に努めていく。西濃運輸(神谷正博社長、岐阜県大垣市)や佐川急便(荒木秀夫社長、京都市南区)など全国ネットを持つ特積大手で「定休日」を設けるのは初めて。(高木明)  新規取引先からの日曜日の集荷・配達の依頼は10月1日から停止し、現在、取引のある顧客に対しては2019年1月1日からやめる。ただ、全国約400カ所の支店・営業所への荷物の持ち込みや引き取りについては、一部の支店・営業所を除き、引き続き日曜日も対応する。更に、貸し切り便や引っ越し、ルート配送便などは従来通り、日曜日も実施する。  現在、ネットワーク(特積み)事業では、土曜日の集配サービスは平日の60~65%、日曜日は15%程度の人数(作業員含む)で対応している。作業効率は平日と比べ極端に低く、また、ネットワーク事業全体(18年3月期実績1940億円)に占める割合は1%程度にとどまっている。  日曜日の集荷・配達業務の停止に伴い「福通離れ」の可能性もあることから、平日のサービス品質の向上を図っていく。現在、主要経済圏単位で実施している当日中の集荷・配達といった「即配サービス」を、今後、全国展開していくことで顧客をつなぎとめる。  福通では働き方改革の一環として、専用貨物列車「福山レールエクスプレス号」を運行しており、大型トラック220台分(一日当たり)を鉄道コンテナ輸送に切り替えている。また、社宅の拡充・整備とともに、17年12月と今年4月には賃金制度を大幅に見直し、平均3.8%引き上げた。  物流業界で人手不足が深刻化する中、大手、中小を問わず、完全週休2日制や短時間勤務制度を取り入れたり、福利厚生を充実させたりするなど、従業員が定着しやすい職場環境を整備する動きが広がっている。  小丸成洋社長は「事業を安定して継続するためには、ドライバーが休みやすい環境を整えなければならない。今後も従業員の働きがいを創出すると同時に、安全・安心な輸送サービスを提供していく」と話している。 【写真=従業員が定着しやすい職場環境を整備】





本紙ピックアップ

特定技能外国人受け入れ、戦力化までプロセス多く

 自動車運送業が対象に追加された外国人在留資格の特定技能制度では、受け入れ事業者に対しては、職業上のみならず日常・社会生活上の支援が義務付けられる。また、準備から戦力化までのプロセス(過程)は非常に多く、かつ相当な期間を…

運輸労連、産業格差是正へ賃上げ

 運輸労連(成田幸隆委員長)は4、5の両日、定期大会を開いた。物流効率化法と改正貨物自動車運送事業法の「新物流2法」や新たな標準的な運賃への対応、他産業との格差是正のための更なる賃上げなどを盛り込んだ運動方針を承認した。…

コクヨロジテム、全社員がフレックス制

 コクヨグループのコクヨロジテム(松浦鉄男社長、大阪市東成区)は7月から、物流センターで勤務する全社員のフルフレックスタイム制度を実現している。これまではいくつかの時間帯パターンの中から勤務時間を選ぶコアタイム制を運用し…

琉通ロジ総研/内閣府事業に採択、物流DX人材を育成

 物流系シンクタンクの琉通ロジスティクス総合研究所(琉通ロジ総研、新垣直人理事長)は、物流の高度化・多様化や深刻な人手不足に対応するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進を担う幹部人材の育成に乗り出した。物流…

オススメ記事

特定技能外国人受け入れ、戦力化までプロセス多く

 自動車運送業が対象に追加された外国人在留資格の特定技能制度では、受け入れ事業者に対しては、職業上のみならず日常・社会生活上の支援が義務付けられる。また、準備から戦力化までのプロセス(過程)は非常に多く、かつ相当な期間を…

運輸労連、産業格差是正へ賃上げ

 運輸労連(成田幸隆委員長)は4、5の両日、定期大会を開いた。物流効率化法と改正貨物自動車運送事業法の「新物流2法」や新たな標準的な運賃への対応、他産業との格差是正のための更なる賃上げなどを盛り込んだ運動方針を承認した。…

コクヨロジテム、全社員がフレックス制

 コクヨグループのコクヨロジテム(松浦鉄男社長、大阪市東成区)は7月から、物流センターで勤務する全社員のフルフレックスタイム制度を実現している。これまではいくつかの時間帯パターンの中から勤務時間を選ぶコアタイム制を運用し…

琉通ロジ総研/内閣府事業に採択、物流DX人材を育成

 物流系シンクタンクの琉通ロジスティクス総合研究所(琉通ロジ総研、新垣直人理事長)は、物流の高度化・多様化や深刻な人手不足に対応するため、デジタルトランスフォーメーション(DX)推進を担う幹部人材の育成に乗り出した。物流…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap