物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

経産省、移動式給油所を実用化へ 浜松で今秋実証実験

行政

2018/09/27 0:00

 経済産業省は、サービスステーション(SS)の少ない地域での給油体制維持に向け、タンクローリーと計量器をつなげた移動式臨時給油所の実用化を推進する。2019年度の予算概算要求に「次世代燃料供給体制構築支援事業費」として、新規で6億2千万円を盛り込んだ。今秋には、浜松市天竜区で実証実験を開始。同実験の結果を踏まえ、研究・開発を行う。保安上の規制の見直しも視野に入れる。(辻本亮平)  SSが少なく、燃料を供給しにくい地域で、新たなビジネスモデルの構築を目指す。天竜区で今秋にも始まる移動式給油所の実証実験の結果も踏まえ、初期費用や維持費用の少ない給油体制を模索する。  同区では過疎化により、SSの廃業が進行。16年には30カ所あったが、18年には16カ所まで減っている。燃料供給体制を整えるため、移動式給油所の有効性を検証。SSの無い地区を巡回させ、有効性を確かめる。移動式給油所は、従来のSSに比べ初期費用や維持費用を安く抑えることができる。  経産省では移動式給油所のほか、画像認識・センサー・AI(人工知能)の技術の活用についても技術開発を行う。過疎化・人手不足に対応する狙いがある。加えて、次世代燃料供給体制構築支援事業では、地元事業者や住民が一体となって取り組むSS過疎地対策計画の策定も支援。これらの事業により、新たな燃料供給体制の確立を目指す。  予算概算要求ではこのほか、離島やSS過疎地での石油製品の流通合理化支援を継続。本土から離島まで石油製品を運ぶ際、余分に掛かる輸送コストを補助する。また、災害時もSSが稼働できるようにするための整備事業を推進。自家発電機の導入や地下タンクの入れ替え・大型化支援を進める。 【写真=従来のSSに比べ初期費用や維持費用を安く抑えられる】





本紙ピックアップ

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

オススメ記事

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

自民物流調査会、24年問題「解消不十分」

 トラック運送業務への時間外労働上限規制のスタートから1カ月が経過したが、適正運賃収受や、荷主都合による長時間の荷待ちの解消といった課題の解消が十分とは言えない──。こうした運送事業者などの声を受け、自民党の物流調査会(…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap