物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

ふそう、自動運転トラック発売へ メーカー間の競争加速

荷主

2018/09/24 0:00

 三菱ふそうトラック・バス(ハートムット・シック社長兼CEO=最高経営責任者、川崎市幸区)は20日、2019年末までに「レベル2」の自動運転機能を搭載した大型トラック「スーパーグレート」を発売する、と発表した。車体側のシステムがハンドル操作と加減速を担い、運転を支援。同一車線上での走行状態から停止、再発進までをサポートする。自動運転をはじめとした次世代トラックの開発に向け、トラックメーカー間の競争が加速しそうだ。(小瀬川厚)  アクティブ緯度制御機能や、レーダーとカメラから得た情報を融合させ、あらゆる速度で縦、横方向の動きを制御する機能を追加。運転を部分的に自動制御する「アクティブ・ドライブ・アシスト」(ADA)をはじめ、親会社の独ダイムラーとふそうが共同開発した最新技術を活用する。  独ハノーバーで20日(現地時間)から開幕した「国際モーターショー(IAA)」で、ダイムラーが自動運転技術(レベル2)を搭載したメルセデス・ベンツブランドの大型トラック「アクトロス」を発表。スーパーグレートにもその技術を共用する。  自動ブレーキシステムも進化。「アクティブ・ブレーキ・アシスト5」(ABA5)は、レーダー・カメラと連携して車両前方を正確に検知できるようになり、路上の歩行者に対する精度が向上したこともレベル2の自動運転の実現につながった。  スーパーグレートは、昨年5月に21年ぶりとなるフルモデルチェンジを実施。レーダーを使って停止車両への衝突を回避し、歩行者を検知して衝突被害を軽減するABA4を主要グレードに標準装備化して安全性を高めた。  IAAにはダイムラーのほか、スウェーデンのボルボトラック、スカニア、日産自動車などが電気自動車(EV)トラック、プラグインハイブリッドトラックを出展している。 【写真=独ダイムラーは20日のIAAで次世代大型トラックを発表】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap