物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国際物流総合展、過去最大規模479者出展 IoT・AIで省人化

荷主

2018/09/20 0:00

 日本ロジスティクスシステム協会(JILS、遠藤信博会長)など7団体が主催する「国際物流総合展2018」が11~14日、東京ビッグサイト(東京都江東区)で開催された。国内外から479者が出展し、過去最大規模となった。物流業界の深刻な労働力不足を受け、IoT(モノのインターネット)やAI(人工知能)を活用した省人化・自動化を図る製品・サービスに来場者の関心が集まった。  2年に1度の開催で、今回のテーマは「ロジスティクスの今を知り未来に触れる」。運搬車両、自動倉庫、保管機器、仕分け・ピッキングシステム、パレット、情報システムなどが出品された。  最大ブースの豊田自動織機(トヨタL&F)は、燃料電池による燃費改善と自動運転が可能な電動けん引車や、IoT・AIを活用した自動運転・荷役ソリューションを紹介。  ダイフクでは、空港の搭乗口から機内までの手荷物搬送・検査の流れを荷物の目線で体験できる映像コーナーが人気を集めた。  川田工業(川田忠裕社長、富山県南砺市)は、物流センター建設で多くの実績を持つ「川田工業システム建築」と防振制振機能を持つ新製品「ハイパー・ブレース」、パスコは動態管理システムと連携した輸配送のワンストップソリューションをPR。  富士通グループのトランストロン(大岡信一社長、横浜市港北区)は、連続運転時間や通行規制を考慮した経路案内が可能な、クラウド型運行支援サービスの新機能を紹介した。  また、プレゼンテーションセミナーでは、聖亘トランスネットワーク(山田裕社長、神奈川県平塚市)が、自社開発の配車・運行管理システムを説明。  物流会社では日本通運、日立物流、SGホールディングス、鴻池運輸、センコーグループ、ヤマトグローバルロジスティクスジャパン(金井宏芳社長、東京都中央区)などが出展した。(吉田英行) 【写真=物流会社では日通、日立物流、SGホールディングスなどが出展】





本紙ピックアップ

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

オススメ記事

JFEミネラル水島合金鉄事業部、運賃上げ&待機時間短縮

 JFEスチールグループのJFEミネラル(斉藤輝弘社長、東京都港区)の水島合金鉄事業部(旧水島合金鉄、岡山県倉敷市)は「2024年問題」に配慮し、協力運送会社の要請に応じて22年4月に運賃を10%値上げし、10月にも数%…

中企庁、価格転嫁の指導対象を拡大

 中小企業庁は、中小事業者と親(発注)事業者との価格交渉や、価格転嫁に関するフォローアップ調査を近く開始するが、調査結果を踏まえた指導・助言の対象企業を拡大し、親事業者約2千社に実施する予定だ。15日の政府の物価・賃金・…

INL/基幹システム、外販事業に本格参入

 アイエヌライン(INL、奈賀幾次郎社長、福岡県吉富町)は、6月から運用を始めたトラック事業者向けの基幹システム「SMART TRUCK」の外販事業に本格参入する。9月には、「エクセルデータの取り込み」「インボイス制度の…

ヤマト運輸、ミシュランの物流再構築

 ヤマト運輸(長尾裕社長、東京都中央区)と日本ミシュランタイヤ(須藤元・社長、新宿区)は14日、ミシュランの日本国内における円滑かつ強固な物流体制の再構築を目的に、リードロジスティクスパートナー契約を締結した。サプライチ…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap