物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

政府/海洋政策本部、北極海航路活用へPT 年度末  意見書まとめ

行政

2018/09/03 0:00

 政府は、総合海洋政策本部(安倍晋三本部長、首相)の参与会議の下に北極政策プロジェクトチーム(PT)を設置し、北極海航路の利活用に向けた環境整備などについて集中的に審議し、2018年度末に意見書を取りまとめる。  5月に閣議決定した第3期海洋基本計画で、北極政策を一つの領域として初めて位置付けた。これに基づき、首相任命の有識者で構成する参与会議が7月の会合でPTの設置を決定。PTのメンバーに選出された兼原敦子主査(上智大学教授)ら4人の参与が、8月28日の国土交通省の北極海航路にかかる官民連携協議会にオブザーバーとして参加した。PTの事務局を務める内閣府の担当官が北極政策の概要と、PT設置の趣旨や進め方について報告した。  基本計画には、日本の海運企業が北極海航路を利活用できる環境の整備を進めることのほか、①船舶の航行における安全確保のための海氷速報図作成に利用②パリ協定の適切な実施など北極域での気候変動対策への貢献③国際海洋法条約に基づく「航行の自由」を含む国際法上の原則尊重への積極的な働き掛け――などが盛り込まれた。PTはこうした課題について集中的に議論し、19年3月までに参与会議としての意見を取りまとめ、首相に答申する。  官民連携協議会の会合では、外務、文部科学、国交の各省も北極政策に関する動向を説明した。国交省は17年の北極海航路の利用実績(速報値)を報告。北極海航路沿岸港湾での取り扱いを含む総貨物量は1073万トン超の過去最大規模だが、北極海を横断するトランジット貨物量は19万トン程度で前の年度を下回り、貨物を積載した航行数は18回で横ばいだった。  更に、ロシアのヤマル半島近辺で採掘されるヤマルLNG(液化天然ガス)関連機材を輸送するヤマルプロジェクトに参加し、日本の海運企業としては初めて北極海航路での単独航行を行った商船三井の担当者が、航行の状況や課題などを紹介した。  6月25日からの初航行(往路)では西回りのスエズ経由で35日間かかるところを19日間で航行した。復路は14日間と更に期日が短縮できたことなどを報告。課題として①通年航行に向けた砕氷エスコート船の増備②安全運航に関する国際ルールの策定③北極海航路を熟知した船員の育成④航路沿岸への救難・修繕拠点の整備拡充⑤精度の高い海図の整備――などを挙げた。(田中信也) 【写真=国交省の北極海航路にかかる官民連携協議会の会合で内閣府の担当官が報告】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap