物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

三八五流通、従業員の健康管理推進 大学と協定 学生がデータ分析

物流企業

2018/06/28 0:00

 三八五流通グループ(泉山元・会長、青森県八戸市)は、八戸学院大学と同大学短期大学部との健康連携協力協定に基づく従業員の健康管理対策を推進している。7月には従業員150人をメドに、夏の健康測定会を実施。また、事前に選出した50人に身体活動量計を装着し、1カ月間の消費カロリーを計測する。いずれも健康医療学部の学生らが分析したデータをフィードバックし、自身の体の状態を把握した上で健康管理に役立ててもらうのが目的。  健康測定会は7月19日に本社で行う予定で、体組成や骨密度、握力、長座体前屈、10メートル歩行などのデータを集約。測定時間は15分程度で、分析結果について学生がアドバイスすることで健康維持につなげていく。学生にとっては企業や社会人と触れ合えるメリットもあり、相乗効果が期待できる。  毎日の活動量の計測は、同日から1カ月間実施する。体の揺れなどから運動の強さを測定し、消費カロリーを算出。歩数計よりも日常の細かい動きをデータ化できるという。ドライバーや事務職、サービス関係など、職種の違いによる傾向も調査する。  協定は、2016年4月に締結。これまでは大学から講師を招き、16年に1回、17年に3回の管理者向けのセミナーなどを実施してきた。19年度は更に踏み込んだ内容で、現場の社員に自分の体を知ってもらうための取り組みにシフトする。どちらの活動も、冬にも実施する予定だ。(今松大) 【写真=協定締結式に臨む泉山会長(左端)=16年4月】





本紙ピックアップ

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

オススメ記事

特定技能/ 「自動車運送業」追加、職場受け入れ年明けか

 政府は、外国人在留資格の特定技能制度に「自動車運送業」など4職種を追加する方針を打ち出した。3月末までに閣議決定し、新年度に関係省令を公布・施行する予定だが、試験制度の創設や実施に向けた準備に加え、特定技能外国人の在留…

国交省/「型式指定申請」不正防止、有識者検討会を今春設置

 国土交通省は、相次ぐ自動車の型式指定申請の不正に対応するため、有識者などで構成する検討会を設置する方針だ。ダイハツ工業(奥平総一郎社長、大阪府池田市)、豊田自動織機が策定する再発防止策を踏まえ、審査の厳格化や、不正の早…

サンインテルネット、首都圏拡充&関西進出

 サンインテルネット(三田竜平社長、横浜市西区)は、人口が集中する大消費地での生活必需品物流を拡大するため3年以内に首都圏で拠点を増やし、供給体制を強化する。また、EC(電子商取引)物流の拡充に向け、関西圏にも進出する。…

ネスレ日本、中距離帯で鉄道輸送

 ネスレ日本(深谷龍彦社長、神戸市中央区)は日本貨物鉄道(JR貨物)と連携し、静岡県―大阪府での商品の定期貨物鉄道輸送に取り組んでいる。輸送規模は1日200㌧で、両社によると、この規模の中距離帯での定期貨物鉄道輸送は食品…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap