物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日新、日中欧で複合一貫輸送へ 同一コンテナ使用

物流企業

2018/06/28 0:00

 日新は、日本―中国―欧州の複合一貫輸送サービスに乗り出す。横浜港から中国の江蘇省連雲港までの海上輸送後、鉄道でユーラシア大陸を横断、ドイツのハンブルクまで27日間で運ぶ。日本から欧州まで同一のコンテナで輸送するのは同社では初めて。20日、試験的に事業を始め、早ければ9月にも商品化する。航空、海上に次ぐ「第3の輸送」として展開し、国際物流を加速させる。  日新では1965年から日欧間の国際鉄道輸送を始め、現在では中国―欧州の鉄道輸送も手掛けるなど、実績を積んでいる。ただ、通関の関係などで同一コンテナでの輸送は行っていなかった。  今回、中国の物流企業シノトランスの日本法人、シノトランスジャパンと連携。同社が中国の鉄道会社、CRCT社と業務提携契約を結んだことを受け、新たなルートの開拓につながり、同一コンテナによる複合一貫輸送が実現した。  まずは横浜港から中国・連雲港まで7日間で輸送。同港からドイツ・ハンブルクまで20日程度をかけて鉄道で運ぶ。通常、海上輸送だけでは40日前後かかるが、鉄道と組み合わせることで1カ月以内となり、時間短縮が図れる。更に、航空輸送に比べ、コスト削減にもつながる。  また、CRCT社のコンテナを日本で利用するのは日新が初めて。ハンブルクの駅をはじめ、CRCT社と提携する欧州主要駅のコンテナデポを利用できるようになるため、従来の鉄道輸送に比べ利便性が向上する。  まずは40フィートコンテナ1個を使い、試験輸送を実施。温度や湿度などを調べた上で、年内の商品化を目指す。自動車部品や大型家電など付加価値の高い貨物を中心に、年50~100個のコンテナを取り扱いたい考え。ハンブルクに到着した後は、現地のエリア配送も手掛けていく。  20日、横浜港南本牧ふ頭(横浜市中区)で開いた記念式典で、日新の筒井雅洋社長が「長年にわたる鉄道輸送の実績はあるが、日本での船積みからそのまま欧州へ輸送できるようになり、大変意義深いものになった。鉄道沿線エリアへの経済効果も大きい」と強調。シノトランスジャパンの蒋紅寿社長は「幅広い選択肢を示していきたい」と述べ、式典後の会見で、横浜港以外の国内主要港でも展開する意向を示した。  日本―中国―欧州の複合一貫輸送に関して、他の日系物流企業では日本通運が5月に事業を開始。伊藤忠ロジスティクス(佐々和秀社長、東京都港区)も今年、仏の物流企業と組み、サービスの本格提供を始めている。(土屋太朗) 【写真=早ければ9月にも商品化を始める】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap