物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

国交省/有識者部会、北海道で共配・混載推進 人口減ふまえ検討会発足 物流ネットワーク確保

行政

2018/06/21 0:00

 国土交通省は北海道の地域産業の発展に向け、物流機能の維持などを目標に、国や自治体、住民が一体となった取り組みを後押しする。「名寄市周辺」「十勝南」「釧路」の各エリアをモデルに、それぞれ共同輸送や貨客混載などを推進。人口減少が進む中、関係者一体の取り組みの成功事例をつくり、将来的な道内他エリアへの展開を見込む。(土屋太朗)  14日、国土審議会北海道開発分科会の計画推進部会(高橋賢友部会長、北海道経済連合会長)で、同省が北海道総合開発計画の進ちょくを説明した。  北海道では人口減少が全国平均に比べ、10年ほど先行している。加えて、最寄りの都市までの平均道路距離は全国の2倍以上で、広域分散型の社会となっており、将来的に産業の維持が難しい状況にある。  これを踏まえ、同省は地域一体となった検討会を立ち上げ、取り組みを進めることを決定。道北部の「名寄周辺」、道東部の「十勝南」「釧路」をモデルエリアに選定し、2017年11月~18年2月に、それぞれ議論を始めた。  特に、取り組みが進んでいるのは「名寄周辺」の検討会。今年4月に第1弾となる具体策をまとめ、目標の一つに「物流ネットワークの確保」を掲げた。  名寄市周辺では、入ってくる貨物は宅配便で、出ていくのは農産物。このため貨物量を確保できず、物流事業の採算性が低い。課題解決への具体策には、検討会の下に設けるワーキングチームで共同輸送や貨客混載を進めていくことを盛り込んだ。  共同輸送は、名寄市内に貨物を集約し、マッチングにより展開する。これまで荷主へのアンケートを実施しており、今後実証実験を行う計画。名寄市以北の宅配の維持も検討していく。  路線バスに貨物を積載する客貨混載は、16年度から3路線で実証実験を実施。本格運行につなげている。名寄市に隣接する士別市では、客貨混載のバスを活用した買い物支援サービスを試験的に導入している。  また、「十勝南」の検討会でも客貨混載を進めたいといった意見が出ており、今後、具体化する可能性がある。  14日の計画推進部会では、3エリアの検討会に参加する石田東生委員(日本大学特任教授)が「熱心に議論されている。メニューを掲げて終わりではなく、実践が重要。確実な実施へ、国の予算にも踏み込んで欲しい」と同省の支援の更なる充実化を求めた。 【写真=北海道総合開発計画の進ちょくを説明】





本紙ピックアップ

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

オススメ記事

アイリンク、市電停留場に副名称

 アイ・リンク(本間勝行社長、札幌市白石区)は、札幌市の路面電車(市電)の停留場に副名称を付けるネーミングライツを獲得し、「山鼻19条」停留場に、同社の保育園「あいりんく保育園 やまはな園」の名前を付けた。4月から駅名標…

ナカシマHD/来月、2社グループ化

ナカシマホールディングス(中島祥輔社主、東京都江戸川区)は6月1日をメドに2社(梅田運輸倉庫、佐藤商事)をグループ化する。これに伴い事業エリアが東北などにも広がり、顧客の要請に応える態勢を一段と強化。新たな投資先である両…

丸亀急配、物流センターを増床

 丸亀急配(中野昌一社長、香川県丸亀市)は9日、キリンビバレッジ丸亀物流センター(同市)増床工事の竣工式と祝賀会を開いた。同物流センターはこれまで、道を挟んで立地する土器南倉庫と土器第2倉庫で構成していたが、南倉庫と同じ…

自動物流道路、東京―大阪念頭に実験線

 国土交通省は、道路空間を活用した新たな物流モードとして構想する「自動物流道路(オートフロー・ロード)」について、物流需要が大きい東京―大阪の長距離幹線輸送を念頭に、早期の実験開始を目指す。2034年の実運用を目指し検証…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap