物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

タクシーの貨物運送、来年度まで結論 規制改革会議が答申 緩和「不可避」か?

行政

2018/06/14 0:00

 政府の規制改革推進会議(大田弘子議長、政策研究大学院大学教授)は、4日に安倍晋三首相へ提出した規制改革推進に関する第3次答申で、利用者のニーズや生産性向上、労働力不足解消といった観点を踏まえ、タクシーの車両を利用した貨物運送事業の在り方について検討し、2019年度までに結論を出すよう求めた。国土交通省はタクシーでの貨物運送に難色を示してきたが、何らかの規制緩和は避けられないとみられる。(田中信也)  政府全体で取り組むべき重要課題に、新たな需要に応える旅客・貨物運送事業の規制改革を掲げた。三和交通(吉川永一社長、横浜市西区)からの提案を踏まえ、タクシー事業者が買い物代行、病院の代理受け付けなどを行う救援事業に着目した。  救援タクシーではこれまで、忘れ物のお届け、ペットの運送といった貨物運送に類似したサービスをタクシー事業の妨げにならない範囲で行ってきた。一方で、インターネット通販の普及に伴い、タクシーによる貨物運送の需要は年々上昇。トラック業界のドライバー不足を受け、救援タクシー活用の要望はあるものの、社会通念上、運送行為とみなされるものは、貨物自動車運送事業法の通達に基づき認められていない。  規制改革会議は、貨物需要の増加や利用者ニーズの多様化を受け、「カギや書類、研究資材など重要な物品を早急に届けるといったサービスの需要に、現行では十分に応えられていない」と指摘。救援タクシーの考え方を整理する必要性に言及し、タクシー本来の業務を妨げず、社会通念上、貨物運送行為に該当しない「救援事業」の範囲を明確化するよう求めた。  加えて、利用者ニーズや生産性向上、労働力不足の解消といった観点を踏まえ、貨物自動車運送事業法に基づきタクシー車両を利用した貨物運送の在り方を検討するよう要請した。  いずれも18年度に検討をスタートさせ、救援事業の範囲は同年度中に結論を出すよう要求。タクシーによる貨物運送は、関係者の意見を踏まえるともに、輸送の安全、利用者利益が損なわれないよう留意しつつ「19年度中に結論を得る」としている。  規制改革会議との折衝で、国交省自動車局は「トランクに収まる荷物のみ運送」「定期便、ルート集荷・配送はせず、1契約1回の運送」といった三和交通の提案に対し、「典型的な貨物運送で、貨物事業許可が大前提」と到底容認できないことを強調してきた。だが、今回答申に盛り込まれたことで、何らかの規制緩和は避けられない情勢となった。  なお、第3次答申ではこのほか、物流、卸・小売り事業者や、物流インフラ、卸売市場制度といった制度・慣行などあらゆる側面からの「卸売市場を含めた流通構造改革」、水産物流通の集約化や水揚げ漁港の重点化などを含む「漁業者の所得向上につながる流通構造の変革」なども掲げている。 【写真=利用者のニーズや生産性向上、労働力不足解消といった観点を踏まえ、貨物運送事業の在り方について検討(イメージ写真)=一部画像処理】





本紙ピックアップ

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

アジア・シームレス物流フォーラム、74社・団体が出展

 日本マテリアルフロー研究センター(松川弘明会長)が主催する「アジア・シームレス物流フォーラム2024」が16、17の両日、東京流通センター(有森鉄治社長、東京都大田区)で開催された。「2024年問題」や物流DX(デジタ…

オススメ記事

共同配送、「競争しない」一般化へ

 「2024年問題」対策で積載率の向上が求められる中、様々な業界で共同配送の取り組みが進んでいる。運用体制を工夫したり、モーダルシフトを活用したりして更なる効率化に成功している事例もある。人手不足などで「物流危機」が強く…

広域道路網に関する提言、重要物流道路の指定拡大

 国土交通省は16日、社会資本整備審議会道路分科会の国土幹線道路部会(朝倉康夫部会長、東京工業大学・神戸大学名誉教授)の会合を開き、能登半島地震を踏まえた道路ネットワークに関する関係者へのヒアリング結果を明らかにした。緊…

全軽協、軽貨物フォーラム初開催

 全国軽貨物協会(西田健太代表理事)は17日、「軽貨物フォーラム」を初めて開催した。軽貨物業界の課題や話題を共有するとともに、業界内外の関係者による対談や講演を通じて課題を解消することを目的に開催。2025年度以降も、軽…

日本郵政G/24、25年度計画、物流へリソースシフト

 日本郵政グループは15日、グループ中期経営計画「JPビジョン2025」(21~25年度)について見直しを行い、24、25年度の2カ年を計画期間とした「JPビジョン2025+(プラス)」を発表した。「物流分野へのリソース…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap