物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

東京ユニオン物流、無事故無災害を達成へ グループ討議で目標決定

物流企業

2018/04/12 0:00

 東京システム運輸ホールディングス(河端常男社長、東京都東大和市)グループの輸送部門である東京ユニオン物流(川崎和夫社長、武蔵村山市)は3月31日、ゼロ・チャレンジ2018キックオフ大会を本社物流拠点「ターミナルX(同市)」で開いた。キックオフ大会は運輸安全マネジメントのPDCA(計画-実行-評価-改善)の一環で、毎年度末に開催している。大会では、5~8人のチームごとにグループ討議を行い、新年度の安全目標を決定した。  川崎社長は「事故が多発しているが、動き始めてすぐにハンドルを切ること、2車線で併走しながら車線を変えることなどを、少し我慢すれば防げたはずだ。160人のドライバーは年間を通じて無事故を達成している。我々はやればできる集団。無事故・無災害を達成して欲しい」とあいさつした。  優秀チームを表彰後、17年度の車両事故について説明。「16年度の年間6件から、17年度は14件に増加した。うち4カ月は、連続して月2件発生している。内容は16年度よりも、前進中の交差点内の事故といった重大事故につながりかねないものに変化している」と強調した。  こうした事態を受け、事故が多発している本社営業所(同市)と横浜営業所(神奈川県海老名市)で17年9月にミニキックオフ大会を実施したことを報告。「この時は『視るをテーマに対策を実施した。18年度は『視方』をテーマに各チームで活動ポイントをまとめて欲しい」と呼び掛けた。  その後、各営業所内の5~8人で組んだチームごとに①要因(事故傾向)②対策(具体的な行動を選定)③事故の目標削減件数――について話し合い、「コメンタリードライブの励行」「体を動かし死角を無くす」「不安なら止まる」などの行動目標を決めた。  更に、それらの成果をリーダーが持ち寄り、各営業所の事故削減目標を決定。各営業所ごとに0~4件の目標を決めたほか、「交差点ゆとりをもって2度確認」などの年間スローガンを決定した。  最後に、横浜営業所の奥野潤一郎氏の音頭でシュプレヒコールを行い、新年度の無事故無災害を誓った。(佐々木健) 【写真=従業員の音頭で1年間の無事故無災害を誓い、シュプレヒコール】





本紙ピックアップ

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

オススメ記事

KGL、「運賃計算」重量制→車建て

 キリングループロジスティクス(KGL、安藤弘之社長、東京都中野区)は、4月からドライバーにも適用される時間外労働時間の上限規制の影響による運送パートナーの収入減を防ぐため、運賃の計算方法を距離制重量制から同車建て制に改…

物流政策/中長期計画決定、賃上げ初年度「10%前後」

 政府は16日、我が国の物流の革新に関する閣僚会議を持ち回り開催し、「2030年度に向けた政府の中長期計画」を決定した。23年に2度にわたり策定した政策パッケージに盛り込まれた施策について、30年度までのロードマップ(行…

全ト協調べ/景況感10~12月、原価高騰も15㌽改善

 全日本トラック協会(坂本克己会長)が15日発表したトラック運送業界の景況感(速報値)によると、2023年10~12月期はマイナス17.7で、7~9月期から15.8㌽改善した。燃料コスト・物価高などの原価高騰により、トラ…

東京製鉄、運賃上げ輸送力確保

 鋼材輸送のトラック運賃を大幅に引き上げた東京製鉄。標準的な運賃に沿った水準とし、往復高速道路料金も負担している。2023年12月に改定された運賃上げ幅の大きい遠隔地輸送での陸上運賃エキストラ(標準価格への追加料金)を除…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap