物流ニッポン – 全国の物流情報が集まるポータルサイト

日通/クロスボーダー輸送、ユーラシア向け専用化 定時運行で信頼性向上

物流企業

2018/03/22 0:00

 日本通運は年内にも日本発中国経由の欧州向けクロスボーダー鉄道輸送サービスで、独自にコンテナ専用列車であるブロックトレインを仕立てる。これまで鉄道フォワーダーから必要コンテナ分を間借りしていた。これを専用化することで定時運行による信頼性向上や、リードタイム短縮と日通による一貫輸送で高品質化が図れると想定。9日に荷主向けに開催した「ユーラシア・クロスボーダー鉄道輸送セミナー」で発表した。  日本と中国・欧州間を結ぶ国際物流では、日中間を海運・航空輸送で運び、中国内陸から欧州までを鉄道輸送で結んだシー・エア&レールサービスを展開し、コンテナ1本に満たないLCL(混載)サービスにも対応している。ブロックトレインは、中国の鉄道貨物の統一ブランド「中欧班列(チャイナ・レールウェイ・エクスプレス)」で準備する予定だ。  リードタイムを比較すると、上海発ドイツのシュツットガルト着の荷物ならば、ハンブルク港経由の海上輸送で44日間のものを、武漢経由の鉄道輸送では25日間に短縮できる。  日通では問題点として、中欧班列などの輸送量を指摘。中国発が12万5千TEU(40フィートコンテナ換算)、欧州発が6万3千TEUとアンバランスになっているという。輸送料金は海上コンテナの3~4倍、航空貨物の半分程度だが、日通独自のブロックトレインを仕立てることで、このアンバランスな物量を調整。最終的に1運行当たりのコストを低減し、料金を抑制できるとの展望も示した。  セミナーでは中国政府が進める「一帯一路」構想について、日通総合研究所(宮近清文社長、東京都港区)のプリンシパルコンサルタントの山口修氏が講演。新シルクロード経済圏構想として、中国政府が進める世界各国での開発計画を紹介し、その基本思想である五通(①政策協調②インフラ整備③貿易円滑化④金融協力⑤人的交流)を紹介した。  また、中国国内や欧州での鉄道貨物の状況について、日通グローバルフォワーディング企画部や東アジア地域総括室や欧州日本通運の担当者が説明。鉄道貨物でユーラシア大陸を横断する場合、①シベリア・ランドブリッジ②チャイナ・ランドブリッジ(北回り)③チャイナ・ランドブリッジ(南回り)――などのルートがあり、中国経由の場合、鉄道線路の軌間の違いから満州里(北回り)か阿拉山口(南回り)、欧州に入る部分でポーランドのマワシェビチェでコンテナの積み替えがあると説明した。(佐々木健) 【写真=荷主向けセミナーで発表】





本紙ピックアップ

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

オススメ記事

政府米保管料/「積数計算方式」統一、国会議員巻き込み実現

 政府所有米穀の保管料の計算方法について、2024年度契約分から「積数計算方式」に一本化されたことは、コメの保管を手掛ける倉庫会社にとって念願の改善事項だった。地道な要望活動が関連団体や国会議員を巻き込み、現場に対する理…

T2・佐川急便・セイノーHD、「レベル4」実現へ実証

 T2(森本成城社長兼CEO=最高経営責任者、東京都千代田区)と佐川急便(本村正秀社長、京都市南区)、セイノーホールディングスは11日、特定条件下での完全自動運転「レベル4」トラックでの幹線輸送実現に向けた公道実証を開始…

国交省/「大型電動車」普及促進、通行制限緩和を視野

 国土交通省は、電動車に限り、重量などの道路通行制限を緩和することを視野に入れている。ディーゼル車と比較して電池が重く大きいため、積載量が減少するといった、大型トラックなど商用車の電動化に際しての課題を解消するのが目的。…

国交省、中継輸送の交替ルール整備

 国土交通省は、トラックの中継輸送の普及・実用化に向け、高速道路上のドライバー交替の運用ルールを整備するため、9月に東北自動車道・佐野サービスエリア(SA)下りで実証実験を実施する。検証結果を踏まえ、2024年度末までに…

Share via
Copy link
Powered by Social Snap